メインメニューを開く

熱血硬派くにおくん』(ねっけつこうはくにおくん)は、1986年5月に日本のタイトーから稼働されたアーケードベルトスクロールアクションゲーム

熱血硬派くにおくん
ジャンル ベルトスクロールアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 テクノスジャパン
発売元 タイトー
ディレクター 岸本良久
デザイナー 緒方孝治
斉藤伸一
向井久美子
プログラマー 富山徳之
佐藤博
西村成孝
音楽 澤和雄
美術 白戸政男
シリーズ くにおくんシリーズ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(832.00キロバイト
稼働時期 日本 1986051986年5月
アメリカ合衆国 1986121986年12月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
デバイス 8方向レバー
3ボタン
CPU MOS 6502 (@ 1.5 MHz)
サウンド MOS 6809 (@ 1.5 MHz)
YM3526 (@ 3 MHz)
Custom (@ 8 kHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
240×240ピクセル
60.00Hz
パレット256色
その他 型式:TA-0018
テンプレートを表示

主人公の「くにお」を操作し、何者かに誘拐された親友の「ヒロシ」を救出する事を目的としたゲーム。後の同ジャンル作品と異なり限られた範囲内での横スクロールのみだが、画面内に集団で出現する敵相手に格闘を駆使して立ち回り戦うという基礎的な部分は既に確立されており、同ジャンルの始祖的な作品として認識されている。

日本国外版は『RENEGADE』とタイトル名が変更され、ほとんどの登場人物のグラフィックも変更されている、発売元はタイトーアメリカ(国内版「くにおくん」のインストカード及びチラシにタイトーのロゴマークが記載されており、RENEGADEのタイトル画面にタイトーアメリカの表記がテクノスジャパンの表記と連名で見られる)。

開発はテクノスジャパンが行い、ディレクターは岸本良久、音楽は澤和雄、キャラクター・デザインは同社のアーケードゲーム『ダブルドラゴン』(1987年)などを手掛けた白戸政男が担当している。

1987年ファミリーコンピュータに移植された他、欧米では1987年から1989年にかけて各種パソコンに移植、1993年には欧州でのみセガ・マスターシステムに移植された。ファミリーコンピュータ版は2003年以降に携帯電話アプリゲームとして配信された他、バーチャルコンソール対応ソフトとして2008年Wii2013年ニンテンドー3DS2014年Wii Uにてそれぞれ配信された。また、アーケード版はWindows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて配信された他、PlayStation 4およびNintendo Switch用ソフトとしてアーケードアーカイブスにて配信された。2011年にはニンテンドー3DSでリメイク作『熱血硬派くにおくん すぺしゃる』が発売されている。

後に同社より本作の登場人物を引き継いだアーケードゲーム『熱血高校ドッジボール部』(1987年)が稼働され、以後『くにおくんシリーズ』としてシリーズ化された。その他、本作を題材としたテレビドラマ『熱血硬派くにおくん』(2013年)がNOTTVにて配信された(後述)。

概要編集

一対多人数の格闘を題材にしたアクションゲームの先駆け。1980年代に流行したツッパリを主題としたゲームで、作者である岸本良久の高校時代が反映されている[1]

主人公である正義の不良「くにお」を操り、親友の「ひろし」を襲った不良や暴走族などの悪党たちを相手に闘っていく。時間内にボスを倒すとステージクリア。全4ステージのループゲーム。ライフ制残機制を併用していてで体力が無い状態でダウンする、ステージ1と2で穴に落下する、ステージ4でドスや拳銃の攻撃を受ける、時間切れになると1ミスで、残機(標準設定では0機、一定得点でエクステンド)がある場合はステージの最初から[2]再スタートとなる。

当時は珍しかった音声による演出も取り入れられており、コイン投入時に「がんばってね」というボイスが流れる。『RENEGADE』ではボイスは全て英語になっている。

タイトルの由来はコナミの『新入社員とおるくん』(1984年)のもじりであり、主人公の名前はテクノスジャパンの社長であった瀧邦夫に由来する[1]

ゲーム内容編集

システム編集

1レバーと3ボタン(左攻撃、ジャンプ、右攻撃)で操作。簡単なボタン入力で様々な動きをする。

  • レバーで8方向に移動。右か左方向に2回倒すとダッシュ。
    • ダッシュ中に走っている方向の攻撃ボタンを押すとダッシュパンチ。
    • ダッシュ中にジャンプすると、その方向に飛び蹴り。またジャンプ中に壁に接触すると、反転して飛び蹴りを出す。
  • 自分の向いているほうにはパンチで攻撃。連続して出せる。
  • 自分と反対の方向には後ろ蹴りで攻撃。リーチが長く、一撃で敵が屈みこむ。
  • ジャンプと攻撃ボタンを同時押しすると飛び蹴り。
  • 何回も攻撃を受けて屈みこんだ敵は、接触することで襟を掴む。
    • 襟をつかむと、向いている方向の攻撃ボタンでヒザ蹴り、逆方向の攻撃ボタンで背負い投げを出す。この時、投げた方向に別の敵キャラが居た場合には一発でダウンさせることが可能。
  • ダウンした相手に接触すると馬乗り状態になり、攻撃ボタンでパウンドを出す。ボスは体力が一定以下にならないと弾き返されてしまうが起き上がった直後に馬乗り判定が残るバグがあり特定の動作をすることで一気に体力を奪うことが出来る。
  • 背後からの敵に羽交い絞めされることがあり、その間は無防備となってしまう。敵のいる方向の攻撃ボタンで振りほどけ、逆の方向の攻撃ボタンで前蹴りを出せる。

設定編集

ストーリー編集

熱血高校の生徒であるいじめられっ子のヒロシは、同校に転校してきた熱血硬派な男「くにお」と親友となる。ある日、何者かにヒロシは誘拐されてしまい、くにおはヒロシを救出するために立ち上がるのであった。

ステージ構成編集

ステージ1
花園高校の不良たちと駅のホームで闘う。ボスはりき。リングアウトの概念があり、敵をステージ右端のホーム下に突き落とすと即死させることが出来るが、自分も落ちると1ミスとなる。
ファミリーコンピュータ版では電車内での戦いのシーンが追加され、りきと戦う場所は新宿駅のホームになっている。
『RENEGADE』ではステージが地下鉄のホームに変更されている。
ステージ2
暴走族と湾岸地帯で闘う。ボスはしんじ。1面と同じく、敵を左端の海に落とすと一発で倒せる。自分も落ちて1ミスとなるのも同様。
ファミリーコンピュータ版ではバイクでのチェイスシーンが追加されており、沿岸地帯の戦いの後、バイクチェイスを経てボスの待つ地点へ向かう。
ステージ3
太陽学園のスケ番グループとディスコ店近辺で闘う。チェーンを持った黒髪の雑魚は非常に弱く、跳び蹴りを当てるかダッシュ中に体当たりするだけで即死する。ボスはみすず。ダッシュで近接すると同時にくにおを掴んで身動きを封じ、往復ビンタ攻撃→放り投げるのコンボで一度に数メモリ分の体力を奪っていく強敵。
ファミリーコンピュータ版ではルート選択があり、みすずと闘わなくてもステージをクリアできる。
『RENEGADE』では業務用は女性パンクス、NES版ではチャイナドレス姿の女性が敵になる。
ステージ4
暴力団の事務所の外と中で闘う。ボスはさぶ。この面の雑魚が所持するドス及びさぶの所持する拳銃を喰らうと体力の残量に関わらず1ミスとなる。
ファミリーコンピュータ版では建物の中が迷路になっており、正しいルートを進む必要がある。また、ファミリーコンピュータ版では暴力団の雑魚が登場しない代わりに、通常の雑魚に加えてこれまで倒したボスが複数で襲い掛かってくる。
『RENEGADE』では業務用は雑魚が黒人に変更されただけだが、NES版ではさぶの服装の色が日本版と違う。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1   熱血硬派くにおくん
  Renegade
  198704171987年4月17日
  1988011988年1月
ファミリーコンピュータ テクノスジャパン   テクノスジャパン
  タイトー
1メガビット+64キロRAMロムカセット[3]   TJC-KN
  NES-RG
2 Renegade   1987年
  1988年
Amstrad CPC
コモドール64
ZX Spectrum
Imagine Software   Imagine Software
  タイトー
フロッピーディスク - 北米ではコモドール64版のみ発売
3 Renegade   1988年
  1989年
Amiga
Atari ST
Software Creations   Imagine Software
  タイトー
フロッピーディスク -
4 Renegade   1988年
Thomson TO8
Thomson MO5
Wise Owl Software France Image Logiciel フロッピーディスク -
5 Renegade   1988年
PC/AT互換機 Banana Development タイトー フロッピーディスク -
6 Renegade   1989年
Apple II NovaLogic タイトー フロッピーディスク -
7 Renegade   1993年
セガ・マスターシステム ナツメ セガ ロムカセット 7116
8 熱血硬派くにおくん   2003年5月20日[4]
504、504i専用
iアプリ
ウェブ ドゥ ジャパン ウェブ ドゥ ジャパン ダウンロード
(熱血硬派くにおくんi)
- ファミリーコンピュータ版の移植
1~2面のみ、4面は2004年1月13日配信[5]
9 熱血硬派くにおくん   2004年10月1日[6]
ボーダフォンライブ!
Vアプリ
ウェブ ドゥ ジャパン ウェブ ドゥ ジャパン ダウンロード
(熱血硬派くにおくんV)
- ファミリーコンピュータ版の移植
1~2面のみ、3面は2005年2月1日より配信[7]
10 オレたちゲーセン族
熱血硬派くにおくん
  200601262006年1月26日
PlayStation 2 テクノスジャパン ハムスター CD-ROM SLPM-62706 アーケード版の移植
11   熱血硬派くにおくん
  Renegade
  2008年3月18日[8]
  2008年5月6日[9]
Wii テクノスジャパン アークシステムワークス ダウンロード
バーチャルコンソール
  FDTJ
  FDTE
ファミリーコンピュータ版の移植
12 熱血硬派くにおくん   2010年3月23日[10]
Windows テクノスジャパン アークシステムワークス ダウンロード
プロジェクトEGG
- ファミリーコンピュータ版の移植
13 熱血硬派くにおくん   2010年7月27日[11][12]
Windows テクノスジャパン アークシステムワークス ダウンロード
(プロジェクトEGG)
- アーケード版の移植
14 Renegade   2011年11月22日[13][14]
Windows テクノスジャパン アークシステムワークス ダウンロード
(プロジェクトEGG)
- アーケード版の移植
15 熱血硬派くにおくん すぺしゃる   201112152011年12月15日
ニンテンドー3DS エイビット新潟 アークシステムワークス 3DSカード - リメイク版
16 Renegade   201205102012年5月10日
iPhoneiPad
(iOS)
テクノスジャパン ダウンロード 516122501
17   熱血硬派くにおくん
  Renegade
  Renegade
  2013年4月3日[15]
  201402202014年2月20日
  2014年2月27日[16]
ニンテンドー3DS テクノスジャパン アークシステムワークス ダウンロード
(バーチャルコンソール)
  TCLJ
  TCLP
  TCLE
ファミリーコンピュータ版の移植
18   熱血硬派くにおくん
  Renegade
  Renegade
  2014年1月15日[17]
  2014年2月27日[18]
  201403062014年3月6日
Wii U テクノスジャパン アークシステムワークス ダウンロード
(バーチャルコンソール)
  FB6J
  FB6E
  FB6P
ファミリーコンピュータ版の移植
19 熱血硬派くにおくん   2014年7月24日[19]
PlayStation 4
(PlayStation Network)
テクノスジャパン ハムスター ダウンロード
アーケードアーカイブス
CUSA-00388 アーケード版の移植
20 Renegade   2015年6月2日[20]
  201506302015年6月30日
  2015年12月22日[21]
PlayStation 4
(PlayStation Network)
テクノスジャパン ハムスター ダウンロード
(アーケードアーカイブス)
  CUSA-00978
  CUSA-02668
  CUSA-03932
アーケード版の移植
21 くにおくん熱血コンプリート
ファミコン編
  2016年12月8日
ニンテンドー3DS アークシステムワークス 3DSカード CTR-P-BKCJ ファミリーコンピュータ版の移植
他シリーズのファミコン10作品との合同収録作
22   熱血硬派くにおくん
  Renegade
  Renegade
  2018年6月28日[22][23][24]
  201806282018年6月28日
Nintendo Switch
(ニンテンドーeショップ)
テクノスジャパン ハムスター ダウンロード
(アーケードアーカイブス)
- アーケード版の移植
23 くにおくん ザ・ワールド
〜クラシックスコレクション〜
  2018年12月20日
Nintendo Switch
PlayStation 4
Xbox One
Steam
アークシステムワークス Switch専用ゲームカード
ディスクROM
ダウンロード
- ファミリーコンピュータ版の移植
他シリーズのファミコン17作品との合同収録作
ファミコン版『RENEGADE』(海外版『熱血硬派くにおくん』)も収録
ファミリーコンピュータ版
ハード制約上、画面内に現れる敵の数の最大数の減少などの簡略化が施されているが、バイクによるチェイスシーン、最終面でのルート分岐など家庭用オリジナルの要素も加えられている。
また、残機制も最初から導入されている。
Wiiニンテンドー3DSWii Uバーチャルコンソールアークシステムワークスから配信中。
セガ・マスターシステム版
日本国外のみ1993年セガから発売、ナツメ開発。
NES版を元に移植されており、また、ラストボスの「さぶ」が「LUCAS」という別人に変更されている。
PlayStation 2版
ハムスターより、PlayStation 2用ソフトオレたちゲーセン族のラインナップとして2006年1月26日に発売された。問題点が多く存在し、移植度は低い。
ニンテンドー3DS版
2011年12月15日アークシステムワークスより『熱血硬派くにおくん すぺしゃる』が発売。アーケード版を2頭身キャラクターでリメイクしているほか、ストーリーモードやバトルロイヤルなどを追加。
Wii版
Wiiバーチャルコンソールで、2008年3月18日からファミリーコンピュータ版(配信元:アークシステムワークス)が、2012年3月6日よりアーケード版(配信元:D4エンタープライズ)が配信されている。
Windows版
D4エンタープライズが運営する『プロジェクトEGG』にて、ファミリーコンピュータ版・アーケード版だけでなく、海外アーケード版『RENEGADE』も配信されている。いずれもミリオン名義。
携帯版
ウェブドゥジャパンなどによりゲームサイトからコンテンツが配信されアプリがダウンロードできる他、クルーズがソーシャルゲームをモバゲータウンに提供している。
PlayStation 4版
PlayStation 4アーケードアーカイブスで、2014年7月24日からアーケード版(配信元:ハムスター)が配信されている。また、2015年12月22日より海外版『RENEGADE』を、キャンペーン対象者に対して無料配信している。
Nintendo Switch版
Nintendo Switchのアーケードアーカイブスで、2018年6月28日からアーケード版が配信されている。こちらは海外版『RENEGADE』も一緒に収録している。

スタッフ編集

アーケード版
  • ディレクター:岸本良久
  • デザイナー:緒方孝治、斉藤伸一、向井久美子
  • プログラマー:富山徳之、佐藤博、西村成孝
ファミリーコンピュータ版
  • ディレクター:岸本良久
  • デザイナー:白戸政男、矢崎美佐
  • 音楽:澤和雄
  • プログラマー:かねこやす、富山徳之、熊谷慎太郎
セガ・マスターシステム版
  • エグゼクティブ・プロデューサー:しおかわたかし
  • プロデューサー:廣田公男
  • ディレクター:水谷郁
  • プログラマー:ひしかわひろし
  • グラフィック・デザイナー:はやみやすなり、みやもとしんや、川端信広
  • キャラクター・デザイン:はやみやすなり
  • 音楽ディレクター:水谷郁
  • 音楽:澤和雄
  • ゲーム・デザイン:はやみやすなり

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame      (FC)[25]
Computer and Video Games88%点 (CPC)[26]
80% (C64)[27]
88% (ZX)[28]
Crash89% (ZX)[29]
ファミ通28/40点 (FC)[30]
IGN6/10点 (Wii VC)[31]
NintendoLife3/10点 (Wii VC)[31]
Sinclair User8/10点 (ZX)[32]
Your Sinclair9/10点 (ZX)[33]
ファミリーコンピュータMagazine20.30/30点 (FC)[3]
ACE641/1000点 (CPC)[26]
500/1000点 (C64)[27]
845/1000点 (ZX)[34]
Aktueller Software Markt6.8/12点 (C64)[27]
Mean Machines51% (SMS)[35]
The Games Machine87% (ZX)[36]
アーケード版

1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、『名作・秀作・天才的タイトル』と認定された「ザ・ベストゲーム」に選定され、同書では本作が「投げ」や「リングアウト」、「ダウン攻撃」の概念を初めて導入したゲームである事に触れた上で「非常に斬新かつ画期的な格闘アクションゲーム」と絶賛した[37]。また敵キャラクターのバリエーションの豊富さやパターンを記憶すれば初心者でもクリアできる難易度であると指摘した上で「テンポのいいアクションで幅広い層に受け入れられたこのゲーム。マニアックでこそないが、まさに名作といえるだろう」と称賛した[37]

ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計28点(満40点)[30]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.30点(満30点)となっている[3]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「各ステージ毎に趣向が違うため、いろいろな戦いが繰り広げられる」と演出面などを肯定的に評価している[3]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.61 3.23 3.19 3.67 3.15 3.45 20.30

テレビドラマ版編集

シリーズ全体を原案としたドラマが『熱血硬派くにおくん』のタイトルで、新作『熱血硬派くにおくんSP 乱闘協奏曲』の発売と時期を合わせた2013年9月13日からNOTTVで放送され、間を空けずにDVDリリースされた[38]。全13話。

ストーリーはリメイク版『熱血硬派くにおくん すぺしゃる』の世界観を主軸に、シリーズの様々な作品の要素を取り入れたものとなっている[39]。登場人物や基本設定は全体的に熱血硬派シリーズとスポーツシリーズがベースだが、冷峰学園がドッジボールの強豪校として登場したり、運動会のエピソードがあったりと、ダウンタウンシリーズの要素も僅かながら取り入れられている[39]

キャスト編集

スタッフ編集

放送リスト[38]編集

話数 サブタイトル 脚本 監督 放送日
1 くにお登場篇 光石富士朗 山本浩貴 久米伸明 光石富士朗 2013年9月13日
2 みすず&闇の組織登場篇 2013年9月20日
3 熱血ドッジボール篇 光石富士朗 山本浩貴 久米伸明
三輪江一
榊英雄 2013年9月27日
4 熱血サッカ―篇 光石富士朗 山本浩貴 久米伸明 山本浩貴 2013年10月4日
5 さぶ・死闘篇 光石富士朗 山本浩貴 久米伸明
三輪江一
榊英雄 2013年10月11日
6 死亡遊戯篇 光石富士朗 山本浩貴 久米伸明 光石富士朗 2013年10月18日
7 コートにかけろ!熱血ストリートバスケ篇 大塩哲史 田中智章 2013年10月25日
8 拳の居場所 伝説の鉄板鞄篇 田中智章 佐藤太 2013年11月1日
9 反逆のみすず!お前の血は何色だ? 関東獅子連合 前篇 眞島浩一 2013年11月8日
10 くにおの拳、みさこの拳 関東獅子連合 後篇 2013年11月15日
11 燃えろ商店街! 熱血運動会 前篇 大塩哲史 工藤伸一 2013年11月22日
12 愛のストリートファイト! 熱血運動会 後篇 2013年11月29日
13 白ランよ永遠に…篇 memories forever 佐藤太 2013年12月6日

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人気ゲーム『熱血硬派くにおくん』誕生秘話。“くにお”は実在した?”. 週プレNEWS (2013年10月5日). 2017年4月12日閲覧。
  2. ^ ステージ2でバイクに乗った暴走族を全員倒した後、およびステージ4で事務所に入った後は、その状態から
  3. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 83頁。
  4. ^ Web Do Japanがiモード対応『熱血硬派くにおくんi』を配信!” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2003年5月20日). 2019年1月14日閲覧。
  5. ^ ウェブドゥジャパン、iアプリ「熱血硬派くにおくん」の最終面を公開” (日本語). ITmedia Moblie. アイティメディア (2004年1月13日). 2019年9月21日閲覧。
  6. ^ "熱血硬派くにおくんV"に新作アプリ『熱血硬派くにおくん』が配信!” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2004年10月1日). 2019年9月21日閲覧。
  7. ^ 『熱血硬派くにおくんV』でステージ3が配信!” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2005年2月1日). 2019年9月21日閲覧。
  8. ^ VC 熱血硬派くにおくん” (日本語). 任天堂ホームページ. 任天堂. 2019年1月14日閲覧。
  9. ^ Renegade (2008) Wii release dates” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年1月14日閲覧。
  10. ^ 滝沢修 (2010年3月17日). “D4エンタープライズ、「プロジェクトEGG」家庭用ゲーム機やAC用レトロゲームの配信を決定” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年9月21日閲覧。
  11. ^ 『熱血硬派くにおくん』皮切りにProject EGGへアーケード作品が” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2010年7月27日). 2019年9月21日閲覧。
  12. ^ 「EGG」にアーケードタイトルが登場。第1弾は「熱血硬派くにおくん」” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2010年7月27日). 2019年9月21日閲覧。
  13. ^ 猫またぎ (2011年11月22日). “『プロジェクトEGG』 : 海外版“硬派くにおくん”は、単なる英語版ではなかった。 『RENEGADE(アーケード版)』配信開始! 【D4エンタープライズ】”. livedoor ニュース. LINE. 2019年9月21日閲覧。
  14. ^ プロジェクトEGG,“くにおくん”の海外版「RENEGADE(アーケード版)」が登場” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2011年11月22日). 2019年9月21日閲覧。
  15. ^ くにおくんのデビュー作『熱血硬派くにおくん』3DSVCで復活” (日本語). iNSIDE. イード (2013年3月27日). 2019年9月21日閲覧。
  16. ^ Renegade (2013) Nintendo 3DS release dates” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年1月14日閲覧。
  17. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2014年1月8日). “Wii Uバーチャルコンソール1月15日配信タイトル ― 『熱血硬派くにおくん』『マリオオープンゴルフ』の2本” (日本語). iNSIDE. イード. 2019年9月21日閲覧。
  18. ^ Renegade (2014) Wii U release dates” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年1月14日閲覧。
  19. ^ まさん (2014年8月4日). “『アーケードアーカイブス 熱血硬派くにおくん』不動の人気を誇った熱血アクションゲームの原点がココに!【電撃PS×PS Store】” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA. 2019年9月21日閲覧。
  20. ^ Renegade (2015) PlayStation 4 release dates” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年1月14日閲覧。
  21. ^ 船津稔 (2015年12月22日). “テクノスジャパン作品を購入すると、非売品の「レネゲード」をプレゼント” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年9月21日閲覧。
  22. ^ Nintendo Switch用『アーケードアーカイブス 熱血硬派くにおくん』が6月28日より配信開始” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2018年6月27日). 2019年9月21日閲覧。
  23. ^ 長岡頼 (2018年6月28日). “Nintendo Switch用「アーケードアーカイブス 熱血硬派くにおくん」発売決定” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年9月21日閲覧。
  24. ^ 「熱血硬派くにおくん」,Nintendo Switch版アーケードアーカイブスにて6月28日に配信開始” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2018年6月27日). 2019年9月21日閲覧。
  25. ^ Renegade for NES (1987)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年4月23日閲覧。
  26. ^ a b Renegade for Amstrad CPC (1987)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年4月23日閲覧。
  27. ^ a b c Renegade for Commodore 64 (1987)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年4月23日閲覧。
  28. ^ http://www.worldofspectrum.org/showmag.cgi?ag=C+VG/Issue099/Pages/CVG09900056.jpg
  29. ^ http://www.worldofspectrum.org/showmag.cgi?mag=Crash/Issue44/Pages/Crash4400035.jpg
  30. ^ a b 熱血硬派くにおくん まとめ [ファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2017年4月23日閲覧。
  31. ^ a b Renegade for Wii (2008)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年4月23日閲覧。
  32. ^ http://www.worldofspectrum.org/showmag.cgi?mag=SinclairUser/Issue067/Pages/SinclairUser06700065.jpg
  33. ^ http://www.ysrnry.co.uk/articles/renegade.htm
  34. ^ Renegade for ZX Spectrum (1987)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年4月23日閲覧。
  35. ^ Renegade for SEGA Master System (1993)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年4月23日閲覧。
  36. ^ http://www.worldofspectrum.org/showmag.cgi?mag=TheGamesMachine/Issue01/Pages/TheGamesMachine0100055.jpg
  37. ^ a b 「ザ・ベストゲーム」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 99頁、 ISBN 9784881994290
  38. ^ a b 「熱血硬派くにおくん」が実写ドラマ化。9月13日からNOTTVにて放送予定” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2013年8月6日). 2019年9月21日閲覧。
  39. ^ a b 大野拓朗、『熱血硬派くにおくん』初実写化に自信”. オリコンニュース. オリコン (2013年9月8日). 2019年9月21日閲覧。

外部リンク編集