燃ゆる女の肖像』(もゆるおんなのしょうぞう、Portrait de la jeune fille en feu)は、2019年フランス恋愛映画。監督はセリーヌ・シアマ。主演はノエミ・メルランフランス語版アデル・エネル

燃ゆる女の肖像
Portrait de la jeune fille en feu
監督 セリーヌ・シアマ
脚本 セリーヌ・シアマ
製作 ベネディクト・クーヴルーフランス語版
出演者 ノエミ・メルランフランス語版
アデル・エネル
音楽 パラ・ワン(ジャン=バティスト・デ・ラウビエ)英語版
アーサー・シモニーニ
撮影 クレア・マトン英語版
編集 ジュリアン・ラチェリー
製作会社 リリーズ・フィルムズ
配給 フランスの旗ピラマイド・フィルムズ
日本の旗ギャガ
公開 フランスの旗2019年5月19日(カンヌ国際映画祭)
フランスの旗2019年9月18日
日本の旗2020年12月4日
上映時間 120分[1]
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 €4,860,000[2]
興行収入 $23,000,000[3][4]
テンプレートを表示

あらすじ編集

18世紀後半のフランス、女性画家のマリアンヌは女性たちにデッサンを教えていた。アトリエの奥から生徒が持ち出してきた自分の古い油彩画を、マリアンヌは『燃ゆる女の肖像 (Portrait de la jeune fille en feu)』と呼び、その絵にまつわる想い出を回想する。

1770年、マリアンヌはある伯爵令嬢の肖像画を依頼されてブルターニュの外れにある孤島の屋敷を訪れた。その令嬢エロイーズは、自殺した姉の代わりにミラノ貴族に嫁ぐため、それまで暮らしていた修道院から戻ってきたのだという。肖像画は結婚相手に贈るためのものだが、結婚を望まないエロイーズは以前来ていた男性画家には顔を描かせなかったため、マリアンヌは、画家であることを隠し、散歩相手として身近に接することで肖像画を描き上げるよう、エロイーズの母である伯爵夫人に依頼される。依頼通りに散歩に付き添い始めたマリアンヌは、かたくなな態度を取りながらも自由を求める心を秘めたエロイーズに次第に惹かれていく。

肖像画を完成させたマリアンヌは、罪悪感に耐えかねて自分が島にやってきた本当の理由をエロイーズに明かす。完成した絵を見たエロイーズは、自分の本質を捉えていないとその絵を否定し、マリアンヌは感情的に絵をつぶしてしまう。描き直そうとするマリアンヌに、エロイーズは正式にモデルとしてポーズを取ることを承諾する。完成までの5日間の期限のあいだ、伯爵夫人が不在の屋敷でマリアンヌとエロイーズの心は近づき始め、女中のソフィも加わって、オルフェウス冥府から妻エウリュディケーを連れ戻す途中で振り返った理由について意見を交わしたり、トランプに興じたり、妊娠していたソフィの堕胎にマリアンヌとエロイーズが付き添ったりと、立場や身分を超えた3人の親密な時間が流れていく。その一方、マリアンヌは純白のローブ姿でたたずむエロイーズの幻影を見るようになる。

ある夜、夜で、島の女性たちの歌[注釈 1]に心を奪われたエロイーズのドレスの裾に、情熱の高まりを具現化したかのように焚き火の炎が燃え移る。翌日、マリアンヌとエロイーズは海辺の洞窟で初めてのキスを交わし、一夜を共にする。期限を前にして強く結ばれていく2人だったが、肖像画の完成は、マリアンヌが島を去ること、そしてエロイーズの結婚を意味していた。島を出る前日、マリアンヌはエロイーズの姿を小さなスケッチに描きとどめ、エロイーズに乞われて彼女の愛読書の28ページ目に自画像を描く。翌朝、思いを振り切るように屋敷を出て行こうとするマリアンヌの背中に、エロイーズが「振り返って」と声をかける。そこにはマリアンヌが見ていた幻影そのままの白いローブ姿のエロイーズが立っていた。

舞台は冒頭の時代に戻り、マリアンヌは、島での別れの後、2度だけエロイーズと再会したことを回想する。最初の再会は美術展、母として子供を傍らにした肖像画のエロイーズの視線がマリアンヌを捉える。絵の中のエロイーズは、マリアンヌが自画像を描いた本の28ページ目に指を挟んでいた。2度目であり最後となった再会はコンサートホール、マリアンヌの向かいのバルコニー席に偶然エロイーズが座る。エロイーズはマリアンヌには目を向けず、オーケストラが壮麗に演奏するヴィヴァルディの『四季』の『夏』を、平静ではいられない様子で聴き入る。それは、かつてあの屋敷のチェンバロでマリアンヌがエロイーズに弾いてきかせた曲だった。慟哭して涙を流すエロイーズの横顔を、マリアンヌはただ見つめるのだった。

キャスト編集

製作編集

2018年6月、セリーヌ・シアマの新作に、アデル・エネルが『水の中のつぼみ』以来11年ぶりに出演することが報じられた[5]。9月、ノエミ・メルランフランス語版ルアナ・バイラミフランス語版がキャストに加わったことが分かった[6][7]。10月、ヴァレリア・ゴリノがキャストに加わったことが分かった[8]

撮影編集

主要な撮影は、2018年10月からブルターニュサン=ピエール=キブロンフランス語版セーヌ=エ=マルヌ県ラ・シャペル・ゴーティエフランス語版にある城などで38日間かけて行われた[8][9][10]

映画に登場する絵画やスケッチは、アーティストのエレーヌ・デルメールが描いている。デルメールは撮影期間中、映画のシーンに基づいて毎日16時間制作し、劇中にはデルメールの手も登場している[11]。フランスでの劇場公開の際には、パリのGalerie Josephで、2019年9月20日から22日まで、作品に登場したデルメールの絵画が展示された[12]

公開編集

2018年8月22日、MK2フランス語版が本作の国際配給権の販売を開始し、ピラマイド・フィルムズがフランスでの配給権を取得した[13]。2019年2月10日、カーゾン・アーティフィシャル・アイ英語版イギリス、カルマ・フィルムズがスペイン、シネアートがベネルクス、フォルケッツ・バイオがスウェーデンでの配給権をそれぞれ取得した[14][15]。5月22日、NEON英語版Hulu北米での配給権を取得した[16][17]

本作は2019年5月19日の第72回カンヌ国際映画祭で世界初上映され[1]、8月30日の第46回テルライド映画祭[18]、9月5日の第44回トロント国際映画祭でも上映された[18]。また、フランスでは2019年9月18日に公開され[19]アメリカでは12月6日に限定公開英語版の後、2020年2月14日に拡大公開英語版[20]、イギリスでは2月28日に公開された[21]

評価編集

本作は批評家から絶賛されている。Rotten Tomatoesでは301個の批評家レビューのうち98%が支持評価を下し、平均評価は10点中9点となった。サイトの批評家の見解は「『燃ゆる女の肖像』は、力強いロマンスの中で、感情を揺さぶられ、思考を促されるドラマを見られる、非常に豊かな時代劇である。」となっている[22]MetacriticのMetascoreは48個の批評家レビューに基づき、加重平均値は100点中95点となった。サイトは本作の評価を「世界的な絶賛」と示している[23]。また、Metacriticは本作を「必見 (Must See)」作品と位置付けており[24]、サイトの2019年評価点ランキングで2位を獲得した[25]

ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは、「繊細かつ息を呑むようなラブストーリーである同時に、女性の境遇の現実的な評価にもなっており、感傷的にならない。」と評し、マリアンヌとエロイーズの関係の展開を「禁じられた欲望の物語というよりは、欲望への考察である。」、「視線が持つ、危険で抗いがたい力の物語」と表現している[26]。『オブザーバー』/『ガーディアン』のマーク・カーモードは、映画に5つ星を与え、「力と愛情についての知的でエロティックな考察であり、観察されていたものが観察者になり、執筆されていたものが筆者になり、"あなたが私を見ている時、私は誰を見ているのか?"という中心的な問いかけに繰り返し立ち返る。」と評し、望まぬ妊娠を描いたサブプロットについては、「対峙しながらも、タブーとされる事象を描くことで、目を背けさせることを拒み、女性たちのグループの中に強さを見出している。」と表現した[27]。『バラエティ』のピーター・デブリュージュは、監督・脚本のシアマについて、「この壮麗でじわじわとこみ上げてくるレズビアン・ロマンスは、表面的なレベルでも十分に機能しているが、女性の目を通してみてみるとその世界が違って見えるという事実も無視できない。」と述べ、本作を「綿密に脚本化されている」とし、「より深い感情を捉えるために、表面的な部分を超えたものを見据えている。」と評した[28]

受賞とノミネート編集

本作は、『レ・ミゼラブル』、『Proxima』と並んで、フランス文化省が選定する第92回アカデミー賞国際長編映画賞へのフランス代表作品の最終選考の1つに選ばれた[29]。最終的に、『レ・ミゼラブル』が出品された[30]

日付 部門 対象 結果 出典
カンヌ国際映画祭 2019年5月25日 パルム・ドール セリーヌ・シアマ ノミネート [1][31]
脚本賞 受賞
クィア・パルム 受賞 [32]
シカゴ国際映画祭 2019年10月25日 金のヒューゴ賞英語版 『燃ゆる女の肖像』 受賞 [33]
金のQヒューゴ賞 ノミネート
銀のQヒューゴ賞 受賞
英国インディペンデント映画賞 2019年12月1日 国際インディペンデント映画賞 セリーヌ・シアマ、ヴェロニク・カイラ、ベネディクト・クーヴルーフランス語版 ノミネート [34][35]
ヨーロッパ映画賞 2019年12月7日 監督賞 セリーヌ・シアマ ノミネート [36][37]
[38][39]
女優賞 ノエミ・メルランフランス語版 ノミネート
アデル・エネル ノミネート
脚本賞 セリーヌ・シアマ 受賞
ヨーロッパ・フィルム・アカデミー大学賞英語版 『燃ゆる女の肖像』 受賞
ニューヨーク映画批評家オンライン賞 2019年12月7日 外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 受賞 [40]
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2019年12月8日 撮影賞 クレア・マトン英語版 受賞 [41]
トロント映画批評家協会賞 2019年12月8日英語版 外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 次点 [42]
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 2019年12月8日英語版 外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [43]
女性映画批評家協会賞英語版 2019年12月9日 女性による映画賞 セリーヌ・シアマ 次点 [44]
女性脚本賞 次点
女性についての映画賞 『燃ゆる女の肖像』 受賞
外国語女性映画賞 受賞
カレン・モーリー賞 ノミネート
スクリーンカップル賞 ノエミ・メルラン、アデル・エネルl[注釈 2] 受賞
シカゴ映画批評家協会賞 2019年12月14日 撮影賞英語版 クレア・マトン ノミネート [45][46]
衣装デザイン賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート
外国語映画賞 ノミネート
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 2019年12月14日英語版 外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 5位 [47]
ボストン映画批評家協会賞 2019年12月15日 作品賞英語版 『燃ゆる女の肖像』 次点 [48][49]
外国語映画賞 次点
撮影賞英語版 クレア・マトン 受賞
セントルイス映画批評家協会賞 2019年12月15日 外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [50]
インディワイア批評家投票英語版 2019年12月16日英語版 作品賞 『燃ゆる女の肖像』 5位 [51]
監督賞 セリーヌ・シアマ 4位
脚本賞 『燃ゆる女の肖像』 10位
主演女優賞 ノエミ・メルラン 13位
アデル・エネル 10位
助演女優賞 13位
撮影賞 『燃ゆる女の肖像』 3位
外国語映画賞 3位
サンフランシスコ映画批評家協会賞 2019年12月16日 外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [52]
シアトル映画批評家協会賞英語版 2019年12月16日英語版 外国語映画賞英語版 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [53]
撮影賞英語版 クレア・マトン ノミネート
フロリダ映画批評家協会賞 2019年12月23日 作品賞英語版 『燃ゆる女の肖像』 受賞 [54][55]
監督賞英語版 セリーヌ・シアマ 受賞
脚本賞英語版 ノミネート
撮影賞英語版 クレア・マトン 次点
外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 受賞
全米映画批評家協会賞 2020年1月4日 撮影賞英語版 クレア・マトン 受賞 [56]
ゴールデングローブ賞 2020年1月5日 外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [57]
オースティン映画批評家協会賞 2020年1月6日 助演女優賞 アデル・エネル ノミネート [58][59]
外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート
オンライン映画批評家協会賞 2020年1月6日 作品賞英語版 『燃ゆる女の肖像』 6位 [60][61]
監督賞英語版 セリーヌ・シアマ ノミネート
撮影賞英語版 クレア・マトン ノミネート
外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞 2020年1月7日 撮影賞 クレア・マトン 受賞 [62]
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2020年1月8日 外国語映画トップ5 『燃ゆる女の肖像』 受賞 [63]
ドリアン賞英語版 2020年1月8日 今年の映画英語版 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [64][65]
今年の監督 セリーヌ・シアマ ノミネート
今年のLGBT映画英語版 『燃ゆる女の肖像』 受賞
今年の外国語映画 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート
今年の脚本 セリーヌ・シアマ ノミネート
Visually Striking Film of the Year 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート
ジョージア映画批評家協会賞英語版 2020年1月10日 撮影賞 クレア・マトン ノミネート [66][67]
外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート
放送映画批評家協会賞 2020年1月12日 外国語映画賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [68][69]
リュミエール賞英語版 2020年1月27日英語版 作品賞英語版 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [70][71]
監督賞英語版 セリーヌ・シアマ ノミネート
女優賞英語版 ノエミ・メルラン 受賞
撮影賞英語版 クレア・マトン 受賞
ロンドン映画批評家協会賞 2020年1月30日英語版 今年の映画 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [72][73]
今年の外国語映画 受賞
英国アカデミー賞 2020年2月2日 非英語作品賞 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [74][75]
サテライト賞 2020年2月7日英語版 外国語映画賞英語版 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [76]
インディペンデント・スピリット賞 2020年2月8日 外国映画賞 セリーヌ・シアマ ノミネート [77][78]
セザール賞 2020年2月28日英語版 作品賞 ベネディクト・クーヴルー、セリーヌ・シアマ ノミネート [79][80]
監督賞 セリーヌ・シアマ ノミネート
主演女優賞 アデル・エネル ノミネート
ノエミ・メルラン ノミネート
有望女優賞英語版 ルアナ・バイラミフランス語版 ノミネート
脚本賞英語版 セリーヌ・シアマ ノミネート
撮影賞英語版 クレア・マトン 受賞
音響賞英語版 ジュリアン・シカート、ヴァレリー・ド・ローフ、ダニエル・ソブリノ ノミネート
衣装デザイン賞英語版 ドロシー・ギロー ノミネート
美術賞英語版 トマ・グレゾー ノミネート
GLAADメディア賞 2020年3月19日英語版 GLAADメディア賞 作品賞 (限定公開)英語版 『燃ゆる女の肖像』 ノミネート [81]
ナストロ・ダルジェント賞 2020年7月6日イタリア語版 助演女優賞英語版 ヴァレリア・ゴリノ 受賞 [82][83]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 劇中で使われる音楽は、エンドロールにも流れるパラ・ワン(ジャン=バティスト・デ・ラウビエ)英語版によるこのア・カペラ曲“La Jeune Fille en Feu”と、ヴィヴァルディの『四季』のみであり、そのほかの劇伴は一切用いられていない。
  2. ^ ハスラーズ』のコンスタンス・ウージェニファー・ロペスとタイ受賞。

出典編集

  1. ^ a b c Portrait de la jeune fille en feu (Portrait of a Lady on Fire)”. Festival de Cannes (2019年). 2019年5月27日閲覧。
  2. ^ Céline Sciamma enfin en compétition à Cannes avec Portrait de la jeune fille en feu” [Céline Sciamma finally in competition at Cannes with Portrait of a Lady on Fire] (French). Cineuropa (2019年4月19日). 2020年9月5日閲覧。
  3. ^ Portrait of a Lady on Fire”. Box Office Mojo. IMDbPro (2019年). 2020年4月24日閲覧。
  4. ^ Portrait de la jeune fille en feu”. The Numbers. Nash Information Services (2019年). 2020年3月15日閲覧。
  5. ^ Céline Sciamma retrouve Adèle Haenel pour Portrait de la jeune fille en feu”. AlloCiné. 2020年9月8日閲覧。
  6. ^ Céline Sciamma fait voyager Adèle Haenel et Noémie Merlant au XVIIIe siècle”. 2020年9月8日閲覧。
  7. ^ Adèle Haenel et Céline Sciamma se retrouvent pour un film en costumes”. Les Inrockuptiblesフランス語版. 2020年9月8日閲覧。
  8. ^ a b Quiberon. Cinéma : Céline Sciamma et Adèle Haenel tournent sur la presqu’île”. Le Télégramme (2018年10月24日). 2019年12月15日閲覧。
  9. ^ A Lesbian Movie Masterpiece That Explodes the Male Gaze”. The Daily Beast (2019年12月9日). 2019年12月15日閲覧。
  10. ^ La Chapelle-Gauthier : le château sous les feux de la rampe grâce au Festival de Cannes”. Le Parisien (2019年5月30日). 2019年12月15日閲覧。
  11. ^ Inoa, Christopher L. (24 November 2019). “The Artist Behind the Paintings At the Heart of "Portrait of a Lady On Fire"”. Garage Magazine英語版. https://garage.vice.com/en_us/article/7x5nb4/the-artist-behind-the-portraits-at-the-heart-of-portrait-of-a-lady-on-fire 2019年11月26日閲覧。. 
  12. ^ Paintings from the movie "Portrait of a Lady on Fire" at Galerie Joseph” (英語). Galerie Joseph (2019年10月2日). 2020年1月15日閲覧。
  13. ^ mk2 launches sales on Céline Sciamma's 'Portrait of A Lady On Fire', Porumboiu's 'The Passenger' (exclusive)”. Screen Daily英語版 (2018年8月28日). 2019年5月28日閲覧。
  14. ^ mk2 Scores Major Deals Across Its EFM Slate (EXCLUSIVE)”. Variety (2019年2月10日). 2019年5月28日閲覧。
  15. ^ Cannes Competition pair 'Portrait Of A Lady On Fire', 'The Whistlers' land at UK's Curzon (exclusive)”. Screen Daily英語版 (2019年5月2日). 2019年5月7日閲覧。
  16. ^ Cannes: Neon, Hulu Acquire Celine Sciamma's 'Portrait of a Lady on Fire'”. Variety (2019年5月22日). 2019年5月25日閲覧。
  17. ^ NEON & Hulu Take North American Rights To Céline Sciamma's Palme d'Or Contender 'Portrait Of A Lady On Fire' — Cannes”. Deadline Hollywood (2019年5月22日). 2019年5月28日閲覧。
  18. ^ a b Release Info”. IMDb. 2020年9月8日閲覧。
  19. ^ Portrait de la jeune fille en feu” (French). JP's Box-Office (2019年). 2019年10月10日閲覧。
  20. ^ 'Portrait of a Lady on Fire' Announces New Release Plan With Hypnotic Teaser — Exclusive”. IndieWire英語版 (2019年11月21日). 2019年12月2日閲覧。
  21. ^ Loughrey, Clarisse (2019年10月9日). “Portrait of a Lady on Fire review, London Film Festival: A gorgeous study of two women in love, unbothered by the restrictions of men”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/reviews/portrait-of-a-lady-on-fire-review-cast-france-period-lesbian-drama-london-film-festival-a9148271.html 2019年12月2日閲覧。 
  22. ^ Portrait of a Lady on Fire (Portrait de la jeune fille en feu)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media英語版 (2019年). 2020年7月14日閲覧。
  23. ^ Portrait of a Lady on Fire”. Metacritic. CBS Interactive (2019年). 2020年4月15日閲覧。
  24. ^ Parasite is the best-reviewed movie of 2019—probably *”. Metacritic. CBS Interactive (2020年1月6日). 2020年7月14日閲覧。
  25. ^ Best of 2019: Film Critic Top Ten Lists”. Metacritic. CBS Interactive (2019年12月5日). 2020年7月14日閲覧。
  26. ^ Scott, A.O. (2019年12月5日). “‘Portrait of a Lady on Fire’ Review: A Brush With Passion”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2019/12/05/movies/portrait-of-a-lady-on-fire-review.html 2020年7月14日閲覧。 
  27. ^ Kermode, Mark (2020年3月1日). “Portrait of a Lady on Fire review – mesmerised by the female gaze”. The Observer/The Guardian. https://www.theguardian.com/film/2020/mar/01/portrait-of-a-lady-on-fire-review-celine-sciamma 2020年7月14日閲覧。 
  28. ^ Debruge, Peter (May 19, 2019). “Film Review: 'Portrait of a Lady on Fire'”. Variety. https://variety.com/2019/film/reviews/portrait-of-a-lady-on-fire-review-1203220399/ 2020年7月14日閲覧。. 
  29. ^ France's Submission for the Best International Feature Film Oscar Could Be a Game-Changer”. IndieWire英語版 (2019年9月18日). 2020年1月8日閲覧。
  30. ^ 'Portrait of a Lady on Fire' Loses Out on France's Oscar Pick to Ladj Ly's 'Les Miserables'”. IndieWire英語版] (2019年9月20日). 2020年1月8日閲覧。
  31. ^ Bong Joon-ho's 'Parasite' Wins the Palme d'Or at Cannes”. Variety (2019年5月25日). 2019年5月26日閲覧。
  32. ^ Richford, Rhonda (2019年5月24日). “Cannes: 'Portrait of a Lady on Fire' Takes Queer Palm Prize” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/cannes-portrait-de-la-jeune-fille-en-feu-takes-queer-palm-prize-1213514 2019年5月25日閲覧。 
  33. ^ Chicago International Film Festival 2019 Awards”. IMDb. 2020年11月14日閲覧。
  34. ^ 'The Personal History Of David Copperfield', 'Wild Rose' head 2019 BIFA nominations” (英語). Screen Daily英語版 (2019年10月30日). 2019年10月31日閲覧。
  35. ^ Ritman, Alex (2019年12月1日). “British Independent Film Awards: 'For Sama' Wins Top Prize” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/lists/british-independent-film-awards-2019-winners-list-1258575 2019年12月7日閲覧。 
  36. ^ EFA Nominations”. European Film Awards (2019年). 2019年11月11日閲覧。
  37. ^ European Film Awards 2019: Antonio Banderas, 'The Favourite,' 'Portrait of a Lady on Fire' Triumph” (英語). IndieWire英語版 (2019年12月7日). 2019年12月7日閲覧。
  38. ^ Portrait of a Lady on Fire Wins European University Film Award (EUFA)”. European Film Academy英語版 (2019年12月6日). 2019年12月7日閲覧。
  39. ^ Portrait of a Lady on Fire”. European University Film Award (2019年). 2019年12月7日閲覧。
  40. ^ Beresford, Trilby (2019年12月7日). “'Parasite' Voted Best Picture by New York Film Critics Online” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/parasite-voted-best-picture-by-new-york-film-critics-online-1259537 2019年12月8日閲覧。 
  41. ^ LA Film Critics Crown 'Parasite,' Bong Joon Ho, Mary Kay Place, and Antonio Banderas”. IndieWire英語版 (2019年12月8日). 2019年12月8日閲覧。
  42. ^ Announcing the TFCA's 2019 Award Winners” (英語). Toronto Film Critics Association (2019年12月8日). 2020年1月5日閲覧。
  43. ^ The 2019 Washington DC Area Film Critics Association (WAFCA) Winners”. NextBestPicture (2019年12月8日). 2019年12月9日閲覧。
  44. ^ The 2019 Women Film Critics Circle (WFCC) Nominations”. NextBestPicture (2019年12月8日). 2019年12月9日閲覧。
  45. ^ Once Upoan a Time... in Hollywood Leads Chicago Film Critics Association 2019 Award Nominations”. Chicago Film Critics Association Awards (2019年12月12日). 2019年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月5日閲覧。
  46. ^ Chicago Film Critics Association” (英語). Chicago Film Critics Association (2019年12月14日). 2020年1月5日閲覧。
  47. ^ Jorgenson, Todd (2019年12月16日). “DFW Film Critics Pick '1917' As Best Film Of 2019”. Dallas–Fort Worth Film Critics Association. 2019年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月5日閲覧。
  48. ^ Current Winners – 2019 Awards” (英語). Boston Society of Film Critics (2019年12月15日). 2020年1月5日閲覧。
  49. ^ Neglia, Matt (2019年12月15日). “The 2019 Boston Society Of Film Critics (BSFC) Winners” (英語). Next Best Picture. 2020年1月5日閲覧。
  50. ^ The 2019 St. Louis Film Critics Association (StLFCA) Winners”. NextBestPicture (2019年12月15日). 2019年12月17日閲覧。
  51. ^ Kohn, Eric (2019年12月16日). “2019 Critics Poll: The Best Films and Performances According to Over 300 Critics From Around the World”. IndieWire. 2020年1月5日閲覧。
  52. ^ SFBAFCC 2019 Awards”. San Francisco Bay Area Film Critics Circle. 2020年1月5日閲覧。
  53. ^ 'Parasite' Named Best Picture of 2019 by Seattle Film Critics Society”. Seattle Film Critics Society英語版 (2019年12月16日). 2020年1月5日閲覧。
  54. ^ Marriage Story leads 2019 Florida Film Critics Awards Nominations” (英語). Florida Film Critics Circle (2019年12月19日). 2020年1月5日閲覧。
  55. ^ Marriage Story and Portrait of a Lady on Fire tie for the most wins” (英語). Florida Film Critics Circle (2019年12月23日). 2020年1月5日閲覧。
  56. ^ Nyren, Erin (2020年1月4日). “National Society of Film Critics Names ‘Parasite’ Best Picture” (英語). Variety. 2020年1月5日閲覧。
  57. ^ Golden Globes Nominations 2020 (Updated Live)”. IndieWire英語版 (2019年12月9日). 2019年12月9日閲覧。
  58. ^ Stoddard, Elizabeth (2019年12月30日). “2019 AFCA Award Nominations” (英語). Austin Film Critics Association. 2020年1月5日閲覧。
  59. ^ Whittaker, Richard (2020年1月7日). “Austin Film Critics Association Announces 2019 Awards”. The Austin Chronicle英語版. https://www.austinchronicle.com/daily/screens/2020-01-07/austin-film-critics-association-announces-2019-awards/ 2020年2月4日閲覧。 
  60. ^ 2019 Awards (23rd Annual)”. Online Film Critics Society (2019年12月22日). 2019年12月24日閲覧。
  61. ^ Mullen, Pat (2020年1月6日). “Parasite Tops Online Film Critics Society Award Winners” (英語). That Shelf. 2020年1月7日閲覧。
  62. ^ 2019 Awards”. New York Film Critics Circle (2019年12月). 2019年12月7日閲覧。
  63. ^ Lewis, Hilary (2019年12月3日). “'The Irishman' Named Best Film by National Board of Review”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/irishman-tops-national-board-review-2019-honorees-full-list-1259206 2019年12月3日閲覧。 
  64. ^ Beresford, Trilby (2020年1月3日). “'Parasite,' 'Portrait of a Lady on Fire,' 'Pain and Glory' Lead Dorian Award Nominations”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/lists/2020-gay-lesbian-entertainment-critics-dorian-awards-noms-full-list-1265575/item/visually-striking-film-year-1265601 2020年1月4日閲覧。 
  65. ^ Parasite and Bong Joon Ho Sweep GALECA With 5 Dorian Awards”. Awards Daily英語版 (2020年1月10日). 2020年1月23日閲覧。
  66. ^ 2019 Awards” (英語). Georgia Film Critics Association英語版. 2020年1月5日閲覧。
  67. ^ ‘Parasite’ and ‘1917’ Lead Georgia Film Critics Association Winners”. Awards Circuit (2020年1月10日). 2020年1月23日閲覧。
  68. ^ “Critics' Choice Awards: 'The Irishman' Leads With 14 Nominations”. The Hollywood Reporter. (2019年12月8日). https://www.hollywoodreporter.com/lists/2020-critics-choice-awards-nominations-list-full-1260595/item/2020-critics-choice-awards-best-picture-1260597 2019年12月8日閲覧。 
  69. ^ “Here Are All the Winners From the 2020 Critics' Choice Awards”. Billboard. (12 January 2020). https://www.billboard.com/articles/news/awards/8547861/2020-critics-choice-awards-winners 2020年1月23日閲覧。. 
  70. ^ 'Les Misérables' leads nominations in France's Lumière awards”. Screen Daily英語版 (2019年12月3日). 2019年12月9日閲覧。
  71. ^ Roxborough, Scott (2020年1月27日). “France's Lumiere Awards: 'Les Misérables' Wins Best Film, Roman Polanski Tapped as Best Director”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/lists/2020-lumieres-award-winners-les-miserables-wins-frances-top-prize-1272628/item/best-film-1269671 2020年1月28日閲覧。 
  72. ^ Grater, Tom (2019年12月17日). “‘The Souvenir’, ‘The Irishman’, ‘1917’ Lead London Critics’ Circle Film Award Nominees”. Deadline Hollywood. 2020年1月5日閲覧。
  73. ^ Lodge, Guy (2020年1月30日). “‘Parasite’ Tops London Film Critics’ Circle Awards”. Variety. https://variety.com/2020/film/awards/parasite-wins-london-critics-awards-joaquin-phoenix-renee-zellweger-1203486577/ 2020年2月4日閲覧。 
  74. ^ “Bafta Film Awards 2020: The nominations in full” (英語). BBC News. (2020年1月7日). https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-51013333 2020年1月7日閲覧。 
  75. ^ BAFTA Awards: ‘1917’ Crowned Best Film (Full Winners List)”. IndieWire英語版 (2020年2月2日). 2020年2月4日閲覧。
  76. ^ 2019 Winners”. International Press Academy (2019年). 2020年2月3日閲覧。
  77. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年11月21日). “Spirit Award Nominations: A24 Leads For 4th Straight Year With 18 Noms As 'Uncut Gems' & 'The Lighthouse' Come Up Big”. Deadline Hollywood. https://deadline.com/2019/11/spirit-awards-nominations-full-list-nominees-indie-film-ifp-1202792053/ 2019年11月21日閲覧。 
  78. ^ Galuppo, Mia; Nordyke, Kimberly; Howard, Annie (2020年2月8日). “Film Independent Spirit Awards: 'The Farewell' Takes Best Feature; Complete Winners List”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/lists/spirit-award-winners-2020-updating-live-1275924/item/best-feature-1275926 2020年2月9日閲覧。 
  79. ^ Tartaglione, Nancy (2020年1月29日). “César Awards Nominations: Roman Polanski’s ‘An Officer And A Spy’ Leads With 12; Ladj Ly’s ‘Les Misérables’ Scores 11 – Full List”. Deadline Hollywood. 2020年1月31日閲覧。
  80. ^ Roxborough, Scott (2020年2月28日). “'Les Miserables' Wins Best Film at Cesar Awards, Polanski Takes Best Director”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/lists/cesar-awards-2020-winners-list-full-1276711/item/best-editing-1276731 2020年2月29日閲覧。 
  81. ^ Gardner, Chris (2020年1月8日). “Outstanding Film - Limited Release - GLAAD Media Awards: 'Booksmart,' 'Bombshell,' 'Rocketman' Among Nominees” (英語). The Hollywood Reporter. 2020年1月8日閲覧。
  82. ^ The Nastri d’Argento jury crowns Bad Tales Best Film, while Pinocchio scoops Best Direction”. Cineuropa (2020年7月7日). 2020年7月18日閲覧。
  83. ^ Fiorenzano, Antonia (2020年7月7日). “Nastri D’Argento 2020: il cinema napoletano premiato con Marco D’Amore e Valeria Golino” (Italian). NapoliToday. http://www.napolitoday.it/cultura/nastri-dargento-2020-cinema-napoletano-premi.html 2020年7月18日閲覧。 

外部リンク編集