メインメニューを開く
大燕
唐 756年 - 763年 唐
燕の位置
安史の乱の進路
首都 洛陽燕京
皇帝
756年 - 757年 安禄山
761年 - 763年史朝義
変遷
安禄山の乱 756年
滅亡763年

(えん、756年 - 763年)または大燕は、756年に玄宗に反乱した安禄山によって建てられた国。

歴史編集

唐の玄宗年間、宰相楊国忠との対立からソグド人節度使である安禄山が唐に対して挙兵し、大燕聖武皇帝を名乗って建国した。安禄山は洛陽に建都したが、息子の安慶緒に殺された。即位した安慶緒に挙兵以来の安禄山の盟友の史思明范陽で独立した。さらに洛陽の安慶緒を滅ぼして自ら大燕皇帝となった。しかし761年に子の史朝義に殺される。762年、洛陽を追われた史朝義は翌年自害し、燕は滅亡した。

君主編集

  1. 安禄山(光烈皇帝、756年 - 757年
  2. 安慶緒(晋剌王、757年 - 759年
  3. 史思明(昭武皇帝、759年 - 761年
  4. 史朝義(末帝、761年 - 763年

年号編集

関連項目編集