メインメニューを開く
山海経』より「燭陰」
今昔百鬼拾遺 雲』より「燭陰」

燭陰(しょくいん)は、古代中国の地理書『山海経』の巻17「海外北経」に記載のある、中国の

概要編集

北海の鍾山(しょうざん)という山のふもとに住む神で、人間状の顔と赤い蛇のような体を持ち、体長が千里におよぶとされる[1]

目を開けば昼となり、目を閉じれば夜となる。吹けば冬となり、呼べば夏となる。飲まず食わず息せず、息すれば風となるという[1]

中国の神話学者・何新は、燭陰の住むという鐘山を大地の最北極と論証し、北極圏以北の夏と冬の昼夜の交代、またはオーロラが神格化されたものが燭陰だとしている。また中国の考古学者・徐明龍は燭陰を、中国神話の神である祝融と同一のものとし、太陽神火神でもあると述べている[2]

文献によっては、『山海経』の「大荒北経」にある神・燭竜(しょくりゅう)と同一視され、前述の特徴に加えて燭竜の特徴を取り入れ、章尾山(しょうびさん)に住むもので、目が縦に並んで付いているなどと解説されている[3][4]。この目の特徴は、原典に「直目正乗」とある記述を解釈したものだが、近年では、目が前に飛び出した様子を表したものとの説もある[5]

『山海経』は平安時代日本に伝わっているため、この燭陰も日本に伝わっており、『今昔百鬼拾遺』『怪奇鳥獣図巻』などの妖怪画集にも記載がある[6][7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高馬三良訳『山海経 中国古代の神話世界』平凡社〈平凡社ライブラリー〉、1994年、126頁。ISBN 978-4-582-76034-7
  2. ^ 多田克己『百鬼解読』講談社講談社文庫〉、2006年、237-243頁。ISBN 978-4-06-275484-2
  3. ^ 『山海経 中国古代の神話世界』、172頁。
  4. ^ 山北篤・佐藤俊之監修『悪魔事典』新紀元社〈Truth in fantasy〉、2000年、162-163頁。ISBN 978-4-88317-353-2
  5. ^ 鳥飼行博. “三星堆遺跡:四川省成都の長江文明・古代蜀の青銅仮面(鳥飼行博研究室)”. 鳥飼行博研究室(Torikai Lab) 持続可能な開発と環境平和学:海大学教養学部人間環境学科社会環境課程. 2009年6月27日閲覧。
  6. ^ 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編『鳥山石燕 画図百鬼夜行』国書刊行会、1992年、190頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  7. ^ 伊藤清司監修・解説『怪奇鳥獣図巻 大陸からやって来た異形の鬼神たち』工作舎、2001年、49頁。ISBN 978-4-87502-345-6