爆破王タッグ(ばくはおうタッグ)は、超花火プロレスが管理、認定している王座。

爆破王タッグ
管理団体 超花火プロレス
創立 2015年5月23日
統計
初代王者 大仁田厚&長与千種

歴史 編集

2015年5月23日大田区総合体育館大会で大仁田厚が創設を発表[1]。タイトルマッチは電流爆破デスマッチで行われる。チャンピオンベルトのプレートには黒御影石が使われた「爆王」、赤御影石が使われた「破王」の2種類ある[2]

9月12日新潟市体育館大会で大仁田&長与千種組とTARU&ダンプ松本組の間で初代王座決定戦が行われ、これを制した大仁田組が初代爆破王タッグを獲得した[3]

2016年2月2日、長与の欠場を受け、大仁田が王座返上を表明したが[4]、返上は認められなかったため予定されていた王座決定戦のカードがノンタイトルに変更された[5]

歴代王者 編集

歴代 タッグチーム 防衛回数 獲得日付 獲得場所
(対戦相手・その他)
初代 大仁田厚&長与千種 2 2015年9月12日 新潟市体育館
TARU&ダンプ松本
第2代 TARU&田中将斗 1 2017年4月8日 博多スターレーン
2019年返上
第3代 田中将斗&ヒデ久保田 0 2019年8月18日 川崎競馬場
TARU&クリス・ヴァイス
2023年6月20日返上

脚注 編集