メインメニューを開く

父帰る

父帰る』(ちち かえる)は、大正6年(1917年)に発表された菊池寛戯曲。全一幕。3度映画化、また舞台化もされており、同作についても本項で詳述する。

目次

概要編集

発表時は目立たぬ作品だったが、3年後の大正9年 (1920) に二代目市川猿之助によって舞台化されるとこれが絶賛され、以後本作は菊池寛を代表する作品となった。

登場人物編集

  • 黒田賢一郎: 主人公(28歳)
  • 新二郎: その弟(23歳)
  • おたね: その妹(20歳)
  • おたか: 彼らの母(51歳)
  • 宗太郎: 彼らの父

あらすじ編集

明治40年頃のことである。かつて家族を顧みずに家出した父が、20年ぶりに落ちぶれ果てた姿で戻って来た。

母と次男と娘はこれを温かく迎えたが、貧困と闘いつつ一家を支え、弟妹を中学まで出した長男・賢一郎は、決して父を許さなかった。父は家を去る。しかし哀願する母の叫びに賢一郎は翻意、弟を連れて狂ったように父を追う。

映画化編集

1927年編集

1927年3月29日公開。製作は松竹キネマ。監督は野村芳亭

キャスト編集

1935年編集

1935年10月8日公開。タイトルは『父帰る 母の心』。製作は第一映画、配給は松竹キネマ。監督は寺門静吉

キャスト編集

1952年編集

1952年6月15日公開。製作は松竹。監督は堀内真直

キャスト編集

舞台化編集

関連項目編集

外部リンク編集