片倉兼太郎 (3代目)

日本の政治家
本来の表記は「片倉兼太郞」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

三代目 片倉 兼太郞(さんだいめ かたくら かねたろう、1884年9月20日 - 1947年1月15日)は、日本実業家政治家[3]勲等勲四等。出生名は片倉 脩一(かたくら しゅういち)[3]

片倉 兼太郞
かたくら かねたろう
Kanetaro Katakura III cropped 1 Katakura Seishi Boseki Kabushiki Gaisha Soritsu 20 nen Kinen Shashincho Frame 23.jpg
『片倉製絲紡績株式會社
創立二十年紀念寫真帖』
に掲載された肖像写真[1]
生年月日 1884年9月20日
出生地 日本の旗 長野県諏訪郡川岸村
没年月日 (1947-01-15) 1947年1月15日(62歳没)
出身校 諏訪実科中学校中途退学
前職 片倉製糸紡績会長
称号 勲四等
親族 今井五介伯父
今井五六従兄

選挙区 貴族院多額納税者議員
当選回数 1回
在任期間 1939年9月29日[2] - 1947年1月15日
テンプレートを表示

富国火災海上保険株式会社社長(第2代)、片倉製糸紡績株式会社会長株式会社美篶商会社長(初代)、貴族院議員などを歴任した。

概要編集

長野県出身の実業家資本家であり、貴族院議員を務めた政治家でもある[3]。1934年、三代目片倉兼太郎を襲名しており、当初の名は脩一であった[3]。片倉製糸紡績(現在の片倉工業)会長、八十二銀行頭取、日本蚕種製造社長、諏訪工業社長、美篶商会社長を歴任した[3]富国火災海上保険の社長も務めた。

来歴編集

生い立ち編集

1884年(明治17年)9月20日長野県片倉兼太郎(二代目)の長男「脩一」として生まれる[3]。父の実兄にして養父の片倉兼太郎(初代)は、伯父にして養祖父に当たる[3][4]。旧制・諏訪実科中学校(現在の長野県諏訪清陵高等学校)を中途退学し、片倉組に加わる[3]

1917年(大正6年)2月13日、初代が死去する[4]

実業家として編集

1920年(大正9年)3月23日、片倉組が片倉製糸紡績株式会社として法人化されるとともに、取締役に就任する[3]1925年、片倉財閥の傘下に富国火災海上保険が加わったことから[5]、同年1月30日より同社の社長を務めた[5]

1934年(昭和9年)1月8日の二代目の逝去にともない、同年、三代目片倉兼太郎を襲名する[3]。翌1935年(昭和10年)、片倉製糸紡績会長に就任する[3](社長は初代の実弟今井五介)。1936年(昭和11年)5月16日、片倉財閥が経営する写真機材商社美篶商会(1922年創業)の法人化に際し、初代社長に就任、翌1937年(昭和12年)から日本初の豆カメラミゼット」を発売し、豆カメラブームを起こす[6]

1939年(昭和14年)、第8回貴族院多額納税者議員選挙にて貴族院議員に選出される。同年9月、株式会社富岡製糸所(旧官営富岡製糸場)を片倉製糸紡績に合併する。1943年(昭和18年)11月、片倉製糸紡績は、片倉工業株式会社に改称する。

1947年(昭和22年)、片倉財閥は解体指定を受け、三代目兼太郎は公職追放となり、その10日後の同年1月15日、死去する[3]。満62歳没。貴族院の多額納税者議員として、第92回帝国議会の会期中、在籍死亡であった。勲四等。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 片倉製絲紡績考査課編輯『片倉製絲紡績株式會社創立二十年紀念寫真帖』片倉製絲紡績考査課、1941年3月12日
  2. ^ 『官報』第3823号、昭和14年9月30日。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 片倉兼太郎 (3代)デジタル版 日本人名大辞典+Plus、コトバンク、2012年3月15日閲覧。
  4. ^ a b 片倉兼太郎朝日日本歴史人物事典コトバンク、2012年3月15日閲覧。
  5. ^ a b 千代田火災海上保険100周年社史編纂委員会編『千代田火災百年史』千代田火災海上保険1998年
  6. ^ 会社沿革インターネットアーカイブ、2004年6月11日付)、美スズ産業、2012年3月15日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

ビジネス
先代:
寺田省帰
富国火災海上保険社長
第2代:1925年 - 1936年
次代:
山本宗三郎