メインメニューを開く

片倉 邦憲(かたくら くにのり、文政元年(1818年) - 明治19年(1886年))は、江戸時代後期から明治初期の伊達家重臣。白石片倉家第12代当主。

父は片倉宗景。正室は伊達宗衡の娘愛姫。子は片倉景範(かげのり)。幼名は三之助。通称は備中、伊豆、小十郎。は初め景徳(かげのり)、のちに仙台藩伊達斉邦より偏諱を受けて邦憲とした。

略歴編集

文政元年(1818年)、白石片倉家第11代当主片倉宗景の子として生まれる。元治元年(1864年)、父の隠居により家督相続し白石城主となる。明治元年(1868年)、戊辰戦争の敗戦により、知行1万8000石と代々の居城の白石城を没収され、わずか蔵米55石が支給されることとなる。邦憲は家臣と相談の上で、白石按察府に蝦夷地開拓嘆願書を提出する。明治2年(1869年)、新政府より幌別郡の支配を命じられる。明治19年(1886年)、旧領白石で病没。

脚注編集

参考文献編集

  • 蝦名賢造著「北方のパイオニア」

関連項目編集