メインメニューを開く

片岡 剛士(かたおか ごうし、1972年11月30日 - )は、日本のエコノミスト。日本銀行政策委員会審議委員。

片岡 剛士
生誕 (1972-11-30) 1972年11月30日(46歳)
愛知県常滑市
国籍 日本の旗 日本
研究機関 日本銀行
研究分野 応用計量経済学
マクロ経済学
経済政策
母校 慶應義塾大学
学位 商学修士
受賞 第4回河上肇賞本賞(2008)
第2回政策分析ネットワークシンクタンク賞(2011)
テンプレートを表示

目次

来歴編集

愛知県常滑市出身。1991年3月、愛知県立半田高等学校、1996年3月 慶應義塾大学商学部卒業後、同年4月、三和総合研究所に入社(現:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)。2001年3月、慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了(計量経済学専攻)。

2010年6月から2ヶ月の間、東北大学大学院法学研究科客員教授を担当。2012年4月から2017年7月まで早稲田大学政治経済学術院非常勤講師

また、公職として、2015年10月から参議院第二特別調査室客員調査員会計検査院特別調査職を担当し、客員調査員は2016年6月迄担当。特別調査職は2017年7月迄担当。

2017年7月24日、三菱UFJリサーチ&コンサルティングを退社し、日本銀行政策委員会審議委員に就任[1]

学会編集

受賞編集

  • 2008年、『我が国の経済政策はどこに向かうのか――「失われた10年」以降の日本経済』により第四回「河上肇賞」を受賞[2][3]
  • 2011年、『日本の「失われた20年 」-デフレを超える経済政策に向けて』により第二回「政策分析ネットワークシンクタンク賞」を受賞[4][3]

主張編集

著書編集

単著編集

  • 『日本の「失われた20年」 : デフレを超える経済政策に向けて』藤原書店、2010年2月。ISBN 9784894347298
  • 『円のゆくえを問いなおす : 実証的・歴史的にみた日本経済』筑摩書房ちくま新書〉、2012年5月。ISBN 9784480066633
  • 『アベノミクスのゆくえ : 現在・過去・未来の視点から考える』光文社光文社新書〉、2013年4月。ISBN 9784334037413
  • 『日本経済はなぜ浮上しないのか : アベノミクス第二ステージへの論点』幻冬舎幻冬舎〉、2014年11月。ISBN 9784344026759

共著編集

出演番組編集

過去編集

テレビ編集

ラジオ編集

脚注編集

外部リンク編集