メインメニューを開く

片岡 董(かたおか ただす、1894年明治27年)4月12日[1][2] - 1963年昭和38年)4月21日[1][2])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

片岡 董
生誕 1894年4月12日
日本の旗 日本 兵庫県
死没 (1963-04-21) 1963年4月21日(69歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1915 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

兵庫県城崎郡城崎町(現豊岡市)出身[要出典]。旅館業・片岡平八郎の四男として生まれる[1]大阪陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1915年(大正4年)5月、陸軍士官学校(27期)を卒業[1][3]。同年12月、陸軍騎兵少尉に任官し騎兵第4連隊付となる[1][3][4]。1925年(大正14年)11月、陸軍大学校(37期)を卒業した[1][2][5]

参謀本部付、参謀本部員を経て、1928年(昭和3年)3月、陸軍兵器本廠付となり、陸軍派遣学生として東京帝国大学法学部政治学科で1931年(昭和6年)3月まで聴講した[6]。陸大教官、陸軍省軍務局付、参謀本部員、騎兵集団参謀陸軍騎兵学校教官、軍務局付、第4師団参謀、留守第4師団参謀[5]などを歴任し、1938年(昭和13年)3月、騎兵大佐に昇進[1][5]。同年7月、第104師団参謀長に就任し日中戦争に出征[1][2][5]近衛騎兵連隊長、近衛捜索連隊長などを歴任[1][5]

1941年(昭和16年)3月、陸軍少将に昇進し騎兵第3旅団長に就任、満州に駐屯した[1][2][5]。1943年(昭和18年)2月、第5軍参謀長となり、1944年(昭和19年)8月、第1師団長心得に就任[1][2][5]。翌月、南方に派遣された[2]。1944年(昭和19年)10月、陸軍中将に進級し第1師団長に親補された[1][2][5]レイテ島の戦いにおいて苦闘を続けたが敗退[2]。終戦をセブ島で迎えた[2]。1946年(昭和21年)4月に復員した[1]

逸話編集

  • 実家は城崎温泉の旅館三木屋である。[要出典]
  • レイテ戦における退却の際、自ら軍刀を抜いて邪魔な木の枝を切る一方で、負傷した副官に対しては松葉杖を作り、寝ている時の用便の世話までしたことから、副官を感激させた。[要出典]

著書編集

  • 『レイテ戦従軍記』非売品、1987年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本陸海軍総合事典』第2版、46頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『日本陸軍将官辞典』207-208頁。
  3. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』369、373頁。
  4. ^ 『官報』第1022号、大正4年12月27日。
  5. ^ a b c d e f g h 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』373頁。
  6. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版。46、611頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 長嶺秀雄「随筆「戦場」(20)ーー師団長ーー」『陸戦研究』昭和61年2月号、陸戦学会、1986年。