メインメニューを開く

片岡 音吾(かたおか おとご、1880年 - 1948年5月6日)は日本の実業家野村證券初代社長。

人物編集

大阪商業学校を経て、東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業。

日本興業銀行貸付課長を務めていた際に、切れ者との評判をきいた野村徳七にスカウトされ、新設された大阪野村銀行の実権を担う取締役兼支配人に37歳で就任[1]

1920年大阪野村銀行に証券部が新設され、片岡は証券部部長に就任。1922年に、アメリカ合衆国に証券業界視察のため派遣され、1923年に帰国。

1925年に設立された野村證券の初代社長に就任。1926年に公社債専門業者として営業を開始、1927年にニューヨーク出張所を開設。1938年には公社債専業から脱却し株式業務へ進出するため、株式業務許可を得た[2]。1941年に社長退任。

戦後の財閥解体の混乱期に公職追放で役員の大半を失った際には、北裏喜一郎に対し「野村証券はこの程度の追放で屋台骨がくずれることはないはずだ。玉ねぎのようにいくら皮をむいても新しい芽が出てくる。」と述べて励ました[3]

ジャパンライン(現商船三井)社長を務めた片岡晴四郎は次男。

脚注編集

  1. ^ 1982/06/11, 日経産業新聞
  2. ^ 1999/07/19,日本経済新聞
  3. ^ 1991/08/06, 日本経済新聞


先代:
(初代)
野村證券社長
初代: 1925年 - 1941年
次代:
飯田清三