メインメニューを開く

片平丁

片平丁(かたひらちょう)は、江戸時代仙台城下町から用いられている地名および道の名称。

時代によって旧町名の範囲も道の名称としての区間も変化している。現在、地名としては仙台市都心部の南西の一角を占め、道の通称名としても使用されている。

目次

江戸時代の片平丁編集

江戸時代の発音は「かだっしゃちょ」(→仙台弁#仙台弁の地名・固有名詞)。

仙台城下町の中心の芭蕉の辻がある仙台中町段丘と、広瀬川の水面に近い仙台下町段丘との間には落差のある段丘崖がある。この段丘崖の直上、すなわち、仙台中町段丘の西縁から南縁を縁取るように長く連なる町および道が片平丁と呼ばれた。

崖に近い道の西側にはじめのうち人家がなく、東側にだけ屋敷が連なったことが、片平の名の由来とされる[1]。「偏片町」とも呼ばれた。

江戸時代の片平丁の範囲は広く、北は北一番丁南側の支倉町(現在の仙台市民会館の北端)から、南は現在の片平までを指した。広瀬川右岸の青葉山段丘にある仙台城と対峙して広瀬川左岸の段丘崖直上にある片平丁には、一門・一家・一族・宿老など、伊達氏一族および仙台藩重臣の大屋敷が置かれていた。これらの一族・重臣たちは、他藩の大名並みの石高を有していたため、「大名小路」とも呼ばれた[1]。また「大広町」とも[1]、「広丁」とも言った。

幕末頃には、大町以北を大名小路、以南を片平丁と呼ぶようになったという。現在の片平は、この幕末の片平丁の範囲を踏襲している。大名小路の方は明治期に接収され、現在は西公園になっている。

現代の片平編集

現在の発音は「かたひら」。

幕末の片平丁の範囲を踏襲している。戊辰戦争で負けた仙台藩は、仙台城(現在の川内地区)を官軍に占領され、片平丁にあった重臣の大屋敷を明治政府に譲渡している。そのため片平丁では、明治時代から国の公共的な機関や官立学校(第二高等学校仙台高等工業学校東北帝国大学)などが立地してきた。

一丁目編集

片平一丁目は、青葉通の大町交差点(西公園南東角)から晩翠草堂前交差点(晩翠通との交点)の区間から南側で、片平二丁目より北側の部分である。

仙台法務合同庁舎仙台高等裁判所などの法曹関係の他、良覚院丁庭園仙台市消防局青葉消防署仙台市立片平丁小学校などがある。

二丁目編集

2008年現在、東北大学片平キャンパスの範囲と片平二丁目の範囲は一致する。

南六軒丁通を挟んで片平キャンパスの南側である土樋一丁目に東北学院大学土樋キャンパスがあるが、東北大学は片平キャンパスの南側部分をこの東北学院大学に売却する予定になっている。

仙台市道・片平丁線編集

「仙台市道1315号・片平丁線」は、起点を荒町交差点、終点を青葉消防署が面する交差点とする仙台市の市道。以下の片平丁通よりも区間が長い。

片平丁通編集

片平丁通」(かたひらちょうとおり)は、仙台市の「歴史的町名等活用推進事業[2]」によって命名された歴史的町名活用路線の名称。東北学院大学土樋キャンパス南西角の南六軒丁通との接続部から、青葉消防署が面する交差点までの区間を指す。

現在、片平との地名となっている地区の西端を走る道であり、江戸時代の片平丁に比べて、仙台市民にも広く認知された道の名称となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 鈴木省三『仙台風俗志(全)』(歴史図書社、1977年、原著1937年)36頁。
  2. ^ 歴史的町名等活用推進事業(仙台市)

参考文献編集

  • 鈴木省三著、青木大輔・中山栄子・編『仙台風俗志(全)』、歴史図書社、1977年。原著は『仙台風俗志』として1937年刊。

関連項目編集

外部リンク編集

  • 《片平丁》通(仙台市「道路の通称として活用する歴史的町名の由来」)