メインメニューを開く

片桐 千晶(かたぎり ちあき、1982年11月23日 - )は、セント・フォース所属のフリーアナウンサー

かたぎり ちあき
片桐 千晶
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 山形県寒河江市
生年月日 (1982-11-23) 1982年11月23日(36歳)
最終学歴 筑波大学比較文化学類卒業
所属事務所 セント・フォース
職歴 秋田テレビ
活動期間 2005年 -
ジャンル 報道・情報
公式サイト セント・フォース
出演番組・活動
出演経歴 やばせ本町どまん中!
AKTスーパーニュース
とくテレッ!8ちゃんねる
めざましテレビ
荒川強啓 デイ・キャッチ!

人物編集

山形県寒河江市出身。高校時代は、軟式テニス部に所属。本人曰く、「制服ルーズソックス運動靴のスタイルが(テニス部内での)定番」だったという。これは後に秋田テレビアナウンサー時代に製作された片桐本人のテーマソングの衣装になっている。また山形出身の為、「なまりが酷い」と後輩に指摘された時もあった。特技は股関節を鳴らすこと。

2005年、筑波大学比較文化学類卒業後にAKT秋田テレビ入社。小柄(身長153cm)と童顔ということで、秋田テレビ時代には同僚アナウンサーから「たまに子供に見える」と指摘されたこともあったという。

2006年9月22日放送の「やばせ本町どまん中!」(当番アナで出演)で、メインMCの石垣政和作詞・作曲による、片桐本人のテーマソング(タイトル「笑顔のど真ん中」)が作られている。DVD-Video(非売品、2007年2月発表)も作られており、視聴者(読者)プレゼントのみ配布されていた。2007年7月20日放送の「やばせ本町どまん中」で、アイドル化計画第2弾の発表が行われた。真夏の海をテーマにしたバラード調の曲となっている。第3弾は、演歌路線にする予定だったが、さすがに本人も断固拒否した。

また2007年の第62回国民体育大会(秋田わか杉国体)の際には、開会式の進行を司るフィールドアナウンサーを菅原実(当時 秋田放送アナウンサー、現 秋田放送常務取締役)と共に担当している[1]

秋田テレビを退職してフリーアナウンサーに転身した2011年10月より日経CNBCキャスターを務め、同時にセント・フォースに所属。

2013年1月7日から2019年3月29日まで、『荒川強啓 デイ・キャッチ!』(TBSラジオ)のアシスタントを務めた。[2]

出演番組編集

フリー転向後編集

  • 日経CNBC(2011年10月 ~ 2012年12月)
    • デリバティブマーケット
    • ASIA エクスプレス
    • NEWS ZONE
  • 荒川強啓 デイ・キャッチ!TBSラジオ、アシスタント)2013年1月7日 ~ 2019年3月29日
  • 「今を生きる楽しさ」を!(TBSラジオ) 2019年10月6日 ~

秋田テレビ時代編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ a b 秋田わか杉国体が開幕 ちいきの話題 秋田県北秋田市公式サイト(2009年9月29日)
  2. ^ デイ・キャッチ!, TBSラジオ 荒川強啓 (2019年3月29日). “24年間ありがとうございました。聴いてくださった皆様と夕方の日常をご一緒できたことを出演者スタッフ一同から改めて御礼申し上げます。 #daycatchpic.twitter.com/2zzw2l58JH” (日本語). @daycatch_tbs. 2019年4月1日閲覧。

リンク編集