メインメニューを開く

片桐 淳至(かたぎり あつし、1983年8月1日 - )は、岐阜県出身の元サッカー選手ポジションフォワード

片桐 淳至 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カタギリ アツシ
ラテン文字 KATAGIRI Atsushi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-08-01) 1983年8月1日(35歳)
出身地 岐阜県岐阜市
身長 177cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2005 日本の旗 名古屋グランパスエイト 5 (0)
2004 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル (loan) - (-)
2004 アルゼンチンの旗 キルメス (loan) - (-)
2005 日本の旗 FCホリコシ (loan) 10 (4)
2006-2009 日本の旗 FC岐阜 103 (32)
2009-2012 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府 73 (5)
2013 日本の旗 MIOびわこ滋賀 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年8月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

第80回全国高等学校サッカー選手権大会で得点王を獲得し、2002年岐阜工業高校から名古屋グランパスエイトに入団したが、名古屋では出場機会に恵まれず、2004年はアルゼンチンのクラブを名古屋からのレンタル移籍で渡り歩く。2005年に名古屋に復帰するも出番は無く、シーズン途中にJFLFCホリコシ(現:アルテ高崎)へレンタル移籍。ホリコシではシーズン途中の加入ながらJリーグと海外リーグを経験した即戦力として重宝され、リーグ戦では10試合に出場し4得点を挙げた。

2006年から、名古屋から東海1部リーグFC岐阜へ完全移籍。背番号10番を託された岐阜では主力として活躍し、14試合に出場し14得点を記録。その後もエースストライカーとして岐阜のJFL・J2昇格に大きく貢献した。

2009年シーズン途中より、ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍。 2010年は前半戦こそ出場機会を得ていたものの、中盤戦以降はコンディションが整わずほとんどピッチに立つことが出来なかった。 2011年は2005年の名古屋時代以来となるJ1の舞台で29試合に出場。チームは1年でのJ2降格となったが、片桐個人としては大きく評価を高めたシーズンとなった。

しかし2012年はわずか12試合の出場にとどまり、同年限りで契約満了に伴い甲府を退団することとなった。

2013年、ラトビア2部リーグのFKアウダの入団テストに参加していたが、契約には至らなかった[1]8月13日MIOびわこ滋賀へ移籍[2]

MIOびわこ滋賀退団後、しばらく浪人状態であったが、2014年6月に引退を発表[3]。同月21日に地元岐阜で引退報告を兼ねてサッカー教室を開催した。

エピソード編集

  • 高校時代に全国高校サッカー選手権大会得点王に輝いた。その大会でインタビュアーの質問に対して「この大会は僕にとって就職活動の場」と発言した。
  • 名古屋グランパスへ入団した当初から練習への遅刻などが目立ち、度重なる規律違反に2年目にはクラブから謹慎処分を受けたこともある。
  • FC岐阜時代は絶対的エースであり2008年にはチーム内得点王に輝いた。かつてとは異なるピッチ内外での規範的な態度でチームを引っ張るチームの顔でもあった。

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 名古屋 30 J1 5 0 5 1 0 0 10 1
2003 0 0 0 0 0 0 0 0
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯アルヘンティーナ杯 期間通算
2003-04 ロサリオ・セントラル プリメーラ
2004-05 キルメス
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 名古屋 30 J1 0 0 0 0 - 0 0
2005 ホリコシ 33 JFL 10 4 - 3 2 13 6
2006 岐阜 10 東海1部 14 14 - 3 1 17 15
2007 JFL 32 7 - 2 0 34 7
2008 J2 39 9 - 2 0 41 9
2009 18 2 - - 18 2
甲府 33 17 0 - 3 1 20 1
2010 20 15 3 - 0 0 15 3
2011 J1 29 1 2 0 1 0 32 1
2012 8 J2 12 1 - 0 0 12 1
2013 びわこ滋賀 19 JFL -
通算 日本 J1 34 1 7 1 1 0 42 2
日本 J2 101 15 - 7 0 108 15
日本 JFL 42 11 - 5 2 47 13
日本 東海1部 14 14 - 3 1 17 15
アルゼンチン プリメーラ
総通算 191 41 7 1 16 3 202 45

タイトル編集

脚注編集

関連項目編集