片桐 貞利(かたぎり さだとし、天保10年(1839年)? - 文久2年10月29日1862年12月20日))は、大和国小泉藩の第11代藩主。美濃国高富藩主・本庄道美の次男。官位なし。

初名は本庄道恕。先代藩主の貞照が文久2年(1862年)5月24日に死去したとき、嗣子が無かったため、同年7月16日に末期養子として貞利が跡を継いだ。しかし、同年10月29日に死去した。貞利も嗣子がなく、跡を松平頼功の長男・片桐貞篤が継いだ。

貞利はあまりに藩主としての在職期間が短く、叙任も無かったため、11代藩主として数えない史料もある。