メインメニューを開く

片桐 貞房(かたぎり さだふさ)は、大和小泉藩の第3代藩主。

 
片桐貞房
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永19年(1642年
死没 宝永7年9月22日1710年11月12日
改名 友之助(幼名)、貞房
別名 三郎兵衛(通称
墓所 京都府京都市北区紫野の大徳寺高林庵
官位 従五位下、主膳正
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉家宣
大和国小泉藩
氏族 片桐氏
父母 父:片桐貞昌、母:大久保忠常の娘
兄弟 下條信隆信明貞房松田貞尚
正室:水野忠善の娘
貞寛(長男)、貞経
養子:貞起

生涯編集

寛永19年(1642年)、第2代藩主・貞昌の三男として生まれる。兄・信明が廃嫡されたため、寛文10年(1670年)に嫡子となる。延宝元年(1673年)に父が死去したため、翌延宝2年(1674年)に家督を継いだ。このとき庶長兄片桐信隆に1000石を分与したため、1万2000石となる。

宝永7年(1710年)9月22日に死去した。享年69。家督は前年に養子となっていた貞房の弟・松田貞尚の次男の貞起が継いだ。