片麻岩(へんまがん、英語: gneiss[注釈 1])とは、変成岩の中で、片麻状組織を持つ岩石の総称である。

変成前の岩石編集

 
片麻岩。濃色の部分と薄色の部分が層状に重なった片麻状組織が、ハッキリと見て取れる。

片麻岩は、鉱物や元素組成による分類ではなく、変成作用を受けた条件によって分類される。したがって、変成前の岩石が全く同じ変成岩であっても、変成時の条件によって、片麻岩となる場合もあれば、別の変成岩にもなり得る。さらに、片麻岩の変成前の岩も、1種類ではない。つまり、地球上には多種多様な片麻岩が存在する。

ただ、石英長石雲母などを主成分とする片麻岩が多い。

変成の条件編集

結晶片岩(片岩)とでき方は同じだが、変成時の条件が比較的低温で、変成があまり進まなかった物を結晶片岩と呼ぶ。これに対して、変成時の条件が比較的高温で、変成が進んだ物を片麻岩と呼ぶ。ただし、あまりにも高温の作用を受けた場合は、片岩になる場合もある。

また、変成前の岩石の組成によっては、それほど高温でなくても片麻岩になる場合もある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 英語の「gneiss」の「g」は発音しないため「ナイス」に近い発音である。

参考文献編集

  • 都城秋穂・久城育夫 『岩石学II - 岩石の性質と分類』 共立出版〈共立全書〉、1975年、ISBN 4-320-00205-9

関連項目編集

外部リンク編集