牛場 暁夫(うしば あきお、1946年12月 - )は日本のフランス文学者、慶應義塾大学名誉教授。専攻はフランス文学、特にマルセル・プルースト。 『失われた時を求めて』における「名付け」の場面の重要性を指摘した論文(Bulletin Marcel Proust, 2014, p.33-55) はフランスで高く評価された。 また、詩人ステファヌ・マラルメがプルーストに与えた影響を考察した論文(Marcel Proust 5, 2005, p.85-108) は、マラルメ研究の第一人者ベルトラン・マルシャル教授によって高く評価された。

経歴編集

学歴編集

  • 1970年 慶應義塾大学文学部仏文科卒業
  • 1972年 同大学院文学研究科仏文専攻修士課程修了
  • 1976年 ソルボンヌ大学(フランス政府給費留学生)博士課程修了
  • 1979年 慶大博士課程単位取得退学

職歴編集

受賞歴編集

著書編集

共編著編集

  • パリを訪れて フランスに持って行くテキスト 朝吹由紀子 朝日出版社 1995.4
  • プチ・ロワイヤル和仏辞典 恒川邦夫吉田城共編 第2版 旺文社 2003.1

翻訳編集

  • 夜の終り モーリヤック著作集2 春秋社 1983 
  • 二十世紀の小説 ジャン=イヴ・タディエ 比留川彰・鈴木順二共訳 大修館書店 1995.3

家族編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集