牛島 龍吾(うしじま りゅうご、2001年1月4日 - )は、日本プロボクサー東京都日野市出身。八王子中屋ボクシングジム所属。

牛島 龍吾
基本情報
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (2001-02-06) 2001年2月6日(19歳)
出身地 東京都日野市[1]
プロボクシング戦績
総試合数 6
勝ち 3
KO勝ち 2
敗け 1
引き分け 2
テンプレートを表示

人物編集

3歳からピアノを習っていたが、中学2年生からボクシングジムに入門[2]富士森高校に進学[3]

来歴編集

2018年7月27日に後楽園ホールで行われた「ガッツファイティング&DANGAN214」にて中野健斗と56.0 Kg契約4回戦を戦い、4回2-0(39-38x2、38-38)判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[4][5]。なおこの勝利は21世紀生まれの日本人ボクサーとしての初勝利だった[6]

2019年6月11日、後楽園ホールで行われた東日本新人王フェザー級予選で亀田3兄弟の従弟の亀田京之介と対戦し、4回1-1(37-39、39-38、38-38)の判定で引き分けとなったが、優勢点で亀田が上回ったため敗退した[7]。同年11月9日、後楽園ホールで向山太尊と対戦して6回1-2(56-57×2、57-56)判定負けでプロ初黒星[8]

戦績編集

  • アマチュア - 15戦8勝7敗
  • プロ - 6戦3勝(2KO)1敗2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2018年7月27日 勝利 4R 判定2-0 中野健斗(新日本木村   日本 プロデビュー戦
2 2018年10月18日 勝利 1R 0:20 TKO 保坂倫之(稲毛)   日本
3 2019年2月2日 勝利 2R 2:56 TKO 小笠原梢太(REBOOT)   日本
4 2019年6月11日 引分 4R 判定1-1 亀田京之介(協栄)   日本 2019年東日本新人王フェザー級予選
5 2019年9月13日 引分 1R 負傷判定 後藤憬(中日)   日本
6 2019年11月9日 敗北 6R 判定1-2 向山太尊(ハッピーボックス)   日本
テンプレート

脚注編集

  1. ^ ガッツファイティング DANGAN214 Dangan
  2. ^ 17歳差対決は衝撃の20秒決着! ボクシングモバイル 2018年10月18日
  3. ^ 第5回関東高等学校ボクシング選抜大会 八王子ボクシングクラブ 2017年1月28日
  4. ^ 2018年7月試合結果 日本ボクシングコミッション
  5. ^ 元日本S・バンタム級V6王者 芹江匡晋が引退試合 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年7月27日
  6. ^ 牛島龍吾“21世紀生まれ初勝利”「勝ててホッとした」 スポニチアネックス 2018年7月27日
  7. ^ 亀田京之介がドローで東日本新人王次戦進出 Boxing News(ボクシングニュース)2019年6月11日
  8. ^ 渡邉卓也が元王者振り切る 日本SFe級挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年11月9日

関連項目編集

外部リンク編集