牛嶋神社(うしじまじんじゃ)は東京都墨田区神社

牛嶋神社
Ushijima Jinjya-1.jpg
所在地 東京都墨田区向島1-4-5
主祭神 須佐之男命天之穂日命貞辰親王命
社格 郷社
創建 貞観年間(859年879年
テンプレートを表示

概要編集

貞観年間(859年879年)に創建された。慈覚大師円仁が当地に来た際に、須佐之男命の化身の老翁から託宣を受けて創建した。明治以前は「牛御前社」と呼ばれており、本所の総鎮守であった[1]

鎌倉に進軍する源頼朝の軍勢が隅田川を渡河する際に、千葉常胤が当社で祈願したため、無事に渡ることができたという。以降、千葉氏の崇敬を集めるようになった[1]

元々は500メートル北の弘福寺のそばに位置していたが、1923年大正12年)の関東大震災で罹災し、また墨田堤の拡張工事に伴い、1932年昭和7年)に現在地に移転した[1]

境内には「撫牛」と呼ばれる牛の像がある。自分の体の悪い所と同じ部分を撫でると病気が治ると言い伝えられている。また本殿前の鳥居三ツ鳥居と呼ばれる比較的珍しい形態の鳥居である[2]

交通アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 小島惟孝 著『墨田区史跡散歩 (東京史跡ガイド7)』学生社、1993年、82-85p
  2. ^ 牛嶋神社墨田区観光協会「すみだ観光サイト」

参考文献編集

  • 小島惟孝 著『墨田区史跡散歩 (東京史跡ガイド7)』学生社、1993年