メインメニューを開く

牛街清真寺(ぎゅうがいせいしんじ)は中華人民共和国北京市西城区牛街に位置するモスク。現存する北京市最古のモスクである。周辺に住む一万人に及ぶムスリム回族)の精神的な中心地である。また、牛街付近は北京の回族が居住する最大のエリアでもある。

牛街清真寺
Niujie Mosques02.jpg
牛街清真寺
各種表記
繁体字 牛街清眞寺
簡体字 牛街清真寺
拼音 Níujiē Qīngzhēnsì
注音符号 ㄋ|ㄡˊ ㄐ|ㄝ ㄑ|ㄥ ㄓㄣ ㄙˋ
テンプレートを表示
牛街清真寺の位置(北京市内)
牛街清真寺
牛街清真寺
紫禁城
紫禁城
天壇
天壇
頤和園
頤和園
牛街清真寺の位置(北京市)

牛街清真寺の面積は6,000平方キロメートルに及び、イスラム文化中国文化が入り交じった建築物である。牛街清真寺の外観は中国の伝統的な建築そのものだが、内観はほとんどイスラム風の装飾になっている。牛街清真寺は清朝の皇帝の1694年康熙33年)の公布が刻まれた石碑など多くの歴史的な遺物をも保有している。

歴史編集

牛街清真寺は北京最大のモスクで、遼代996年統和14年)に建設された。明代1442年正統7年)に改築され、清代1696年(康煕35年)に拡張された。中華人民共和国の成立後の1949年1955年1979年1996年にも改修作業が施された。今日、牛街清真寺は北中国にある主要なモスクの一つである。

北京地方政府は牛街付近の約36ヘクタールの土地の再開発を開始した。現在この土地には7500家族が生活しており、うち58%がムスリムである。政府の計画としては牛街付近がイスラム風の商業街に変身し、住宅ビル、学校、幼稚園、公共施設が建設される予定である。現在の牛街はまた大半の住民が古い家に住む狭い街路である。

関連項目編集

外部リンク編集