牡丹江省

満州国の省

牡丹江省(ぼたんこう-しょう)は満洲国にかつて存在した省。現在の黒竜江省東南部に位置した。

満洲国 牡丹江省
1937年 - 1943年
簡称:



簡体字 牡丹江
繁体字 牡丹江
拼音 Mǔdānjiāng
カタカナ転記 ムーダンジャン
国家 満洲国
行政級別
政府所在地 牡丹江市
建置 1937年
合併 1943年 
面積
- 総面積 32,948 km²
人口
- 総人口() 68.8 万人

歴史編集

1937年7月1日、満洲国政府は浜江省南部の牡丹江市及び寧安県穆棱県東寧県密山県虎林県の5県に新たに牡丹江省を設置した。1939年6月には綏陽県を設置すると共に、密山及び虎林の2県を新設された東安省に移管している。1943年10月1日、牡丹江省は東満総省に編入されたが、1945年5月28日の東満総省の解体に伴い、旧牡丹江省は東安省と合併し東満省とされた。

設置編集

1937年7月、満洲国政府は浜江省南部に牡丹江省を新設。

廃止編集

1943年10月、東満総省に編入される。

歴代省長編集

特記なき場合『世界諸国の制度・組織・人事 : 1840-2000』による[1]

  • 大島陸太郎:1937年7月1日 - 1938年8月19日
  • 渋谷三郎:1938年8月19日 - 1939年12月18日
  • 三谷清:1939年12月18日 - 1943年10月1日(東満総省に編入)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 秦 2001, 157頁.

参考文献編集

  • 秦郁彦 編 『世界諸国の制度・組織・人事 : 1840-2000』東京大学出版会、2001年。ISBN 4130301225 

関連項目編集


前の行政区画
浜江省
黒竜江省歴史的地名
1945年 - 1947年
次の行政区画
東満総省