メインメニューを開く

牧元 幸司(まきもと こうじ、1962年8月5日 - )は、日本官僚宮崎県副知事内閣官房内閣審議官林野庁長官等を経て、農林水産省農村振興局長。

来歴・人物編集

東京都出身。東京大学法学部在学中は緑の会に参加し、山中寅文の知遇を得た(緑の会で一学年上にいたのが阿部守一である)。大学卒業後、1985年農林水産省に入省し、鹿児島県喜界町[1]兵庫県農林水産部勤務[2]をはじめ、総合食料局食品産業振興課外食産業室長生産局畜産部食肉鶏卵課長林野庁林政部企画課長などを歴任した。2011年2月17日付けで農林水産省大臣官房付に異動。

2011年3月2日、宮崎県の副知事に牧元をあてる人事案が県議会の賛成多数で可決され、牧元は同日付けで農林水産省を退職し、翌3月3日に副知事に就任した。宮崎県の副知事は、2010年10月に河野俊嗣が知事選出馬のため辞任して以降、空席となっていた。副知事としては、2010年に発生した口蹄疫の流行からの畜産業の復興に尽力した[3]

2年後に農水省に復帰。

2018年林野庁長官に就任[4]。2019年農林水産省農村振興局長に就任[5]

経歴編集

  • 1985年 3月   - 東京大学 法学部 卒業
  • 1985年 4月   - 農林水産省(上級甲・法律)入省
  • 1987年 4月   - 喜界町役場[1]
  • 2002年 1月   - 大臣官房企画評価課調査官
  • 2003年 1月   - 生産局総務課国際室長
  • 2003年 7月   - 大臣官房企画評価課政策研究管理官
  • 2004年 1月   - 総合食料局食品産業振興課外食産業室長
  • 2004年 7月   - 農林水産技術会議事務局先端産業技術研究課長
  • 2006年 1月   - 生産局畜産部食肉鶏卵課長
  • 2008年 4月 1日 - 林野庁林政部企画課長
  • 2011年 2月17日 - 農林水産省大臣官房付
  • 2011年 3月 2日 - 辞職
  • 2011年 3月 3日 - 宮崎県副知事(~2013年)
  • 2014年     - 林野庁林政部長
  • 2016年     - 内閣官房内閣審議官
  • 2017年     - 林野庁次長
  • 2018年 7月27日 - 林野庁長官
  • 2019年 7月 8日 - 農林水産省農村振興局長

(経歴は「47行政ジャーナル」の人事データベース(2011年3月3日更新内容)を参照。)

脚注編集

先代:
沖修司
林野庁長官
2018年 - 2019年
次代:
本郷浩二