メインメニューを開く

牧野 康成(まきの やすなり、1617年元和3年) - 1658年2月2日明暦3年12月30日))は、江戸時代前期の大名越後与板藩主。越後長岡藩分家牧野家初代(小諸藩祖)。官位官名は従五位下内膳正。母は永原道真の娘。

経歴編集

寛政重修諸家譜』 巻第三百六十五の牧野康成の項[1]によると、当時、越後長峰藩主であった牧野忠成の次男として、元和3年に長峰にて誕生。初名を武成と称す。寛永11年(1634年)、父・忠成から蒲原郡三島郡の内より新墾田1万石の分知を受けて与板藩主となる。そののち、従五位下内膳正に叙位任官。慶安2年(1649年)旧暦5月から常陸国下館城の城番を勤めた。明暦3年(1657年)には与板に入部したが、この年の12月晦日に享年41で死去した。跡職は長男の牧野康道が継いだ。

家族編集

正室は松井松平康重の娘。子に牧野康道(長男)、娘(牧野忠成正室のち六郷政信正室)、娘(稲垣重定正室)、娘(水野重孟正室)ら。

葬地・法名編集

葬地は浅草幡随院法名は馨香院登譽泰安。

脚注編集

  1. ^ 下記参考文献の1、271頁。

参考文献編集

  1. 堀田正敦等編 『新訂 寛政重修諸家譜 第六』 続群書類従完成会、1964年。