メインメニューを開く

牧野 成春(まきの なりはる)は、下総関宿藩の第2代藩主。のちに三河吉田藩の初代藩主。成貞系牧野家2代。

 
牧野 成春
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 天和2年10月23日1682年11月22日
死没 宝永4年3月26日1707年4月28日
改名 秀寿丸(幼名)、成春
戒名 本源恵覚心了院
墓所 東京都江東区深川の要津寺
官位 従五位下、備前
幕府 江戸幕府
下総関宿藩主→三河吉田藩
氏族 牧野氏
父母 父:大戸吉房、母:大戸吉勝の娘
養父:牧野成貞
正室:松平清照の娘
成央成福、長三郎、大蔵

天和2年(1682年)10月23日、牧野氏家臣の大戸吉房の子として江戸で生まれ、関宿藩主牧野成貞の養子となる。元禄8年(1695年)11月29日、成貞の隠居により家督を継ぐ。宝永2年(1705年)に7000石加増の8万石で三河吉田藩に加増移封された。

しかし病弱で、一度も城主として在城することもなく、宝永4年(1707年)3月26日に死去した。享年26。跡を子の成央が継いだ。

関連項目編集