メインメニューを開く

牧野 武朗(まきの たけろう、1923年3月27日2012年5月[1])は日本の編集者、出版社経営者。

来歴編集

講談社で『少女クラブ』編集部、『なかよし』初代編集長、『週刊少年マガジン』の初代編集長、『週刊現代』の第4代編集長を歴任。その後、出版社のマイヘルス社マキノ出版わかさ出版を創立した。

講談社時代は漫画部門のトップとして業界で権力を誇った。1964年に『月刊少年マガジン』を創刊した際、トキワ荘を訪れ藤子不二雄に執筆を依頼したが『週刊少年サンデー』の依頼の方が早かったため断られた。その後二度と依頼はしなかったという。

略歴編集

  • 1923年:静岡県に出生。
  • 1940年代:静岡師範学校卒業後、2年間小学校教師勤務。
  • 1940年代後半:東京高師文理大哲学科入学。1950年卒業。
  • 1951年:講談社入社。『少女クラブ』編集部に配属。国語辞典を付録にした号で注目を浴びる。
  • 1954年:『なかよし』創刊。初代編集長。
  • 1959年 - 1964年:『週刊少年マガジン』編集長として創刊に携わる。少年向け週刊漫画誌のジャンルを確立。
  • 1962年:『少女フレンド』創刊。編集長を兼任。
  • 1964年10月 - ?:『週刊現代』4代目編集長。サラリーマン向け週刊誌のジャンルを確立。
  • 1969年1月31日:講談社取締役就任。
  • 1974年6月1日:講談社を退社(顧問委嘱)。講談社との共同出資によりマイヘルス社を創立。健康雑誌の月刊誌『壮快』創刊。
  • 1977年:マキノ出版を創立。
  • 1978年:特選街出版を創立。
  • 1979年:こだわりを持った商品を紹介する情報誌、月刊誌『特選街』創刊。
  • 1983年:健康雑誌の月刊誌『安心』創刊。
  • 1989年:わかさ出版を創立。
  • 1990年:健康雑誌の月刊誌『わかさ』創刊。

参考文献編集

  • 『新訂増補 人物レファレンス事典 昭和(戦後)・平成編』(日外アソシエーツ,2003年)
  • 塩沢実信『雑誌をつくった編集者たち』(広松書店,1982年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ わかさ出版「会社案内」2014年12月23日閲覧
先代:
-
(創刊)
週刊少年マガジン編集長
初代
1959年 - 1964年
次代:
井岡秀次
(1964年 - 1965年