牧野 洋(まきの よう)は日本のジャーナリスト。東京都出身。

経歴編集

1983年に慶應義塾大学経済学部を卒業し、同年日本経済新聞社に入社。同社では、チューリヒ支局長、米州総局キャップ(ニューヨーク)、編集委員を歴任。1988年にはコロンビア大学ジャーナリズムスクールを卒業(修士号)する。2007年に独立する。

2013年3月までカリフォルニア州に、その後福岡に在住[1]

著書編集

単著編集

  • 『不思議の国のM&A…世界の常識 日本の非常識』日本経済新聞出版社(原著2007年8月)。ISBN 9784532352738
  • 『最強の投資家バフェット』日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉(原著2005年4月29日)。ISBN 9784532192891

訳書・解説書編集

訳書編集

  • アレックス・アベラ『ランド 世界を支配した研究所』文藝春秋(原著2008年10月)。ISBN 9784163706306文春文庫、2011年11月

連載編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

外部リンク編集