メインメニューを開く

物部(もののべ/もののふ)とは、古代日本の朝廷の兵(軍事)・刑(刑罰)に携わった職業部。令制諸官司にも配属されている品部

目次

概要編集

氏族的系譜を有し、大化の改新以前は物部連伴造として管掌してきた。その数が多かったので、物部の八十氏などと呼ばれた。

『日本書紀』によると、崇神天皇7年の11月、物部氏の祖である伊香色雄(いかがしこお)に命じて、

物部(もののふ)の八十平瓮(やそびらか)を以て祭神之物(かみまつりもの)と作(な)さしむ[1]

とある。「平瓮」とは平らな土器。平たい皿様の器のことである。『古事記』中巻崇神天皇条にも同様の記載がある。

改新後も存続し、律令制下では囚獄司(40人)・衛門府(30人)・東西市司(各20人)に配属され、罪人の刑を執行する業務にあたった、という。

同様の職務を果たす部として、久米部がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』崇神天皇7年11月13日条

参考文献編集

関連項目編集