メインメニューを開く

物部 小事(もののべ の おごと)は、古墳時代(6世紀前期)の豪族物部氏十二世。物部布都久留の子。

 
物部小事
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 不明
主君 仁賢天皇安閑天皇
氏族 物部氏
父母 父:物部布都久留
兄弟 木蓮子小事、多波
大国など
テンプレートを表示

先代旧事本紀』「天孫本紀」は、宇摩志麻治命12世の孫で、志陀連、柴垣連、田井連らの祖とする。このうち志陀連を、志太連あるいは信太連とみて、『常陸国風土記』にある常陸国信太郡の建郡に関わった物部河内・物部会津や、『続日本紀延暦5年(786年10月21日条で従五位下位階を授かった常陸信太郡大領の物部志太連大成などを小事の子孫とみる説もある。また、『続日本後紀』には、坂東を征し、その功勳により下総国匝瑳郡が建郡されたとし、物部匝瑳氏(匝瑳連)の祖とする記事がある[1]。物部匝瑳氏は鎮守府の高官を輩出し、足継熊猪末守鎮守将軍に任ぜられている。

このため、信太連(志陀連・志太連)の常陸国信太郡と匝瑳連の下総国匝瑳郡にはさまれた下総国香取郡香取神宮と小事の関係も説かれ、現在の千葉県匝瑳市にある老尾神社の祭神[2]を小事とし、香取神宮の大禰宜の香取連を物部氏とする説もある。

脚注編集

  1. ^ 『続日本後紀』承和2年(835年3月16日条、物部匝瑳熊猪の改姓記事中に、「昔、物部小事大連、節を天朝に錫ひ、出でて坂東を征し、凱歌して歸り報ず。此の功勳に藉り、下總國に得せしめ、始めて匝瑳郡を建つ。仍りて以つて氏と爲す。是れ則ち熊猪等の祖也。」とある。
  2. ^ 一般には、老尾神社の祭神は、香取神宮の祭神経津主命の御子神、阿佐比古命とされている。

参考文献編集

  • 谷川健一『日本の神々-神社と聖地 11』 白水社、2000年、ISBN 4-560-02511-8、265-267頁

関連項目編集