メインメニューを開く

物部 麁鹿火(もののべ の あらかび/あらかい)は、古墳時代豪族。物部麻佐良の子。

 
物部麁鹿火
Mononobe no Arakabi.jpg
物部麁鹿火(菊池容斎画)
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 宣化天皇元年(536年7月
別名 麤鹿火[1]、荒甲
主君 武烈天皇継体天皇安閑天皇宣化天皇
氏族 物部大連
父母 父:物部麻佐良、母:須羽直女・妹古[2]
磐弓、毛等、影姫
テンプレートを表示

経歴編集

麁鹿火の大連初任の時期は不明だが、『日本書紀』の武烈即位前紀に大連として初めて名が現れる。武烈天皇の崩御後、継体天皇の擁立を働きかけ、その即位後に大伴金村と共に再び大連に任ぜられる。継体天皇6年(512年)12月、百済任那四県の割譲の際、麁鹿火は百済の使者に割譲の容認を伝える宣勅使となるが、妻からの諫めにより考えを改め、病と称してその役を辞退する。同21年(527年)6月、九州北部で反乱を起こした筑紫国造磐井の征討将軍に就任、天皇から筑紫以西の統治を委任された。翌年11月に筑紫三井郡にて磐井を破って処刑し、磐井の乱を平定した。その後の安閑天皇宣化天皇の代にも大連を務め、宣化天皇元年(536年)7月に没する。

古事記』にも物部荒甲の表記で記述され、金村と共に竺紫君石井(磐井)討伐の任に当たったことが見える。『新撰姓氏録』によると後裔に高岳首ら氏族がいる。

系譜編集

  • 父:物部麻佐良
  • 母:須羽直(すわのあたい)女・妹古
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:物部磐弓 - 石弓若子(いわゆみわくご)[2]
    • 男子:物部毛等 - 毛等若子(もとわくご)[2]
    • 女子:物部影姫 - (かげひめ)[3]

脚注編集

  1. ^ 『麁』は『麤』の俗字体。
  2. ^ a b c 先代旧事本紀
  3. ^ 日本書紀