メインメニューを開く

物類称呼』(ぶつるいしょうこ)は、俳諧師の越谷吾山によって編纂された、江戸時代方言辞典。安永4年(1775年)刊。

約550項目を意味によって7部門に分け、日本全国の方言約4000語が集められている。

概要編集

『物類称呼』は全5巻から構成され、巻1(天地・人倫)、巻2(動物)、巻3(生植または草木)、巻4(器用・衣食)、巻5(言語)のように分けられている。最後の巻5は物の名だけではなく、形容詞・副詞・動詞その他の表現を集めている。簡単な考証が加えられている場合もある。

項目名を当時の標準語で示した後に、各地で何と呼ぶかを記している。『物類称呼』の特徴は集められた方言語彙が日本全国に及ぶことで、江戸・明治・大正を通じて唯一の全国方言辞典だった[1]。また、その分布は第二次世界大戦後の『日本言語地図』の調査結果と大局的には一致する[2]

脚注編集

  1. ^ 徳川(1979) p.162
  2. ^ 徳川(1979) p.163

参考文献編集

外部リンク編集