「Apple Desktop Bus」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''Apple Desktop Bus'''(アップル・デスクトップ・バス)は[[アップル・コンピュータ]]が開発した[[コンピュータ]]周辺機器の接続方式の一つ。'''ADB'''と略して表記される。[[キーボード]]・[[マウス (コンピュータ)|マウス]]・筆圧タブレットなど入力機器を接続する。[[NeXT|ネクスト・コンピュータ]]のハードウェアにも採用されていた。端子の形状は[[S端子]]と同じであり、実際ADBケーブルはS端子の代わりに使用することが出来る。ひとつのバスから周辺機器を3台まで数珠繋ぎに接続でき、キーボードの電源ボタンでシステムの電源を入れることが可能。[[iMac]]ではADBは公式には搭載されず(半田付けを伴う改造によって利用可能)、1999年に発売された[[PowerMac]]G3が最後の搭載機種になった
 
[[キーボード (コンピュータ)|キーボード]]・[[マウス (コンピュータ)|マウス]]・筆圧タブレットなど入力機器を接続する。[[NeXT|ネクスト・コンピュータ]]のハードウェアにも採用されていた。端子の形状は[[S端子]]と同じであり、実際ADBケーブルはS端子の代わりに使用することが出来る。ひとつのバスから周辺機器を3台まで数珠繋ぎに接続でき、キーボードの電源ボタンでシステムの電源を入れることが可能。[[iMac]]ではADBは公式には搭載されず(半田付けを伴う改造によって利用可能)、1999年に発売された[[PowerMac]]G3が最後の搭載機種になった。
 
==関連項目==
13,705

回編集