「日局クレオソート」の版間の差分

m
参考文献調整
m (参考文献調整)
'''日局クレオソート'''は、 [[ブナ]]などを[[乾留]]させる際に[[水蒸気]]とともに留出する油層(木タール)を蒸留して得られる、淡黄色で[[燻製]]のような臭いのある油状の液体。[[日本薬局方]]に収載されていることから、[[クレオソート油]]と区別するために「日局」をつけて呼ばれる。'''木クレオソート'''ともいう。
 
[[多環芳香族炭化水素]]はほとんど含有せず、木材中の糖類などが熱分解して生成した環状[[ケトン]]などを含有する。[[正露丸]]などの鎮痛服用薬として用いられている。
 
== 参考文献 ==
* 総説:安宅、伊藤、柴田「木クレオソートの止瀉作用についての新しい知見(リンク切れのようです)」『薬学雑誌』125巻、937-950頁、2005年。 [http://yakushi.pharm.or.jp/FULL_TEXT/125_12/pdf/937.pdfhttp://yakushi.pharm.or.jp/FULL_TEXT/125_12/pdf/937. オンライン版 (pdf)]
 
[[Category:医薬品|にちきよくくれおそーと]]
24,969

回編集