「アフォンソ2世 (ポルトガル王)」の版間の差分

編集の要約なし
[[レコンキスタ]]で領土が拡大し、労働力不足が生じ、下層農民階級の流動性が促進された結果、[[農奴]]が消滅した。
 
[[カスティーリャ]]王女ウラカと結婚。長男が[[サンシュ2世]]、二男が[[アフォンソ3世]]、三男フェルナンドはセルバ領主となった。娘レオノールは[[デンマーク]]王[[ヴァルデマー2世]]妃である。
カスティーリャ王女ウラカと結婚。
 
 
匿名利用者