「ヘンダーソン夫人の贈り物」の版間の差分

→‎あらすじ: 一部翻訳
(plotの英語textを不可視化)
(→‎あらすじ: 一部翻訳)
The film is based on the true story of the world-famous [[Windmill Theatre]] in [[London]]. Eccentric 70-year-old widow Mrs. [[Laura henderson|Laura Henderson]] purchases it as a post-widowhood hobby, and appoints autocratic manager [[Vivian Van Damm]]. In 1932 they start a continuous variety review called 'Revudeville', but after other theatres in London copy this innovation, they begin to lose money. Mrs. Henderson suggests they add female [[nudity]] similar to the [[Moulin Rouge]] in [[Paris]]. This is unprecedented in the United Kingdom. The [[Lord Chamberlain]] reluctantly allows this under the condition that the nude performers do not move so it can be considered [[art]].
-->
{{ネタバレ}}
==あらすじ==
この映画は、世界的に有名な[[ロンドン]]の[[風車劇場]]([[:en:Windmill Theatre|Windmill Theatre]])の実話に基づいている。
変わり者の70歳の未亡人、[[ローラ・ヘンダーソン]]夫人([[:en:Laura_henderson|Laura Henderson]])はやもめ暮らしの趣味として劇場を購入し、横暴な[[ヴィヴィアン・バン・ダム]]([[:en:Vivian_Van_Damm|Vivian Van Damm]])をマネージャーに指名する。1932年に、かれらは「Revudeville」と呼ばれる[[レヴュー (演芸) |レヴュー]]の連続公演を始める。しかし、ロンドンの他の劇場がこの革新をコピーするようになると、劇場は赤字になっていく。ヘンダーソン夫人は、[[パリ]]の[[ムーラン・ルージュ]]と同じように女性の[[裸]]を加えることを提案する。これは英国において先例がなかった。[[チェンバレン卿]]([[:en:Lord Chamberlain|Lord Chamberlain]])は、不承不承に、それが[[芸術]]と考えることができるように、裸の演者が動かない条件でこれを許可する。
 
<!--
3,765

回編集