「地形図」の版間の差分

編集の要約なし
(今でも軍需は多い)
これを元に住宅地図や道路地図が作成される。最近では衛星写真との組み合わせで作られることもある。
 
日本においては、[[国土地理院]]発行の地図のうち[[縮尺]]が5万分の1よりも大きいものを地形図という。現在発行されているものでは、縮尺5万分の1のほか2万5千分の1と1万分の1のものがある。20万分の1のものは地勢図、50万分の1のものは地方図と呼んでいる。
 
地形のほか、[[道路]]、[[鉄道]]、集落、高圧線などの土地の利用状態も把握できる。大都市の大型書店や[[国土地理院]]で入手することが可能であるほか、近年、地形図の一部については[[国土地理院]]のサイトで閲覧できるようになった。また、[[国土地理院]]が[[電子国土ポータル]]で一般に無償提供している「電子国土Webシステム」を活用することにより、単に地形図を閲覧するのみにとどまらず、情報発信者が保有する独自の情報を[[国土地理院]]のサーバから提供する背景地図情報に重ね合わせ、地理情報発信サイトを構築することも可能になっている。
匿名利用者