「空中写真」の版間の差分

編集の要約なし
'''空中写真'''(くうちゅうしゃしん)とは、飛行中の飛行体([[航空機]]、[[ヘリコプター]]、[[気球]]、[[人工衛星]]など)から航空カメラにより地表面を撮影した[[写真]]のことをいう。[[リモートセンシング衛星]]の[[衛星画像]]の場合はトゥルーカラー画像やナチュラルカラー画像のことを指す。「航空写真」と呼ばれることもある。
 
主に[[測量]]の目的で[[地形図]]作成や、[[地形]]・[[土地利用]]の判読解析などに利用されるが、その他にも[[地質]]・[[水質]]・[[植生]]状況など無限の情報が盛り込まれており、国土の利用、保全、[[防災計画]]といった[[行政]]分野をはじめ、研究・教育分野など幅広い領域で活用されている。また、国土の様子を時系列で記録保存するという面でも大きな役割を果たしている。
匿名利用者