「不飽和結合」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
両端の[[炭素]]原子はsp<sup>2</sup>[[混成軌道]]、中心の炭素原子はsp混成軌道をとっていると考えられる。<BR>
<gallery>
画像:Chiral sym CCCXYXY.svg|アレン誘導体
</gallery>
この軌道の相関により両端のメチレン基は、互いに直交する平面内に存在する。そのため同一のメチレンsp<sup>2</sup>炭素上の置換基が異なる場合、3つ以上の置換基を持つことで[[軸不斉キラリティー]]をもち、つ。このように[[不斉炭素原子]]がないにもかかわらず、軸上のねじれによって誘起されたキラリティーを[[軸不斉]]と呼び、もちろん一対の[[光学異性体]]に分割できる。これはアレンが合成される数十年前に[[ユストゥス・フォン・リービッヒ|リ-ビッヒ]]が予言していた。詳しくは[[キラリティー]]の項を参照
 
この軌道の相関により両端のメチレン基は、互いに直交する平面内に存在する。そのため同一のメチレン炭素上の置換基が異なる場合、3つ以上の置換基を持つことで[[軸不斉]]をもち、[[不斉炭素原子]]がないにもかかわらず一対の[[光学異性体]]に分割できる。これはアレンが合成される数十年前に[[ユストゥス・フォン・リービッヒ|リ-ビッヒ]]が予言していた。
 
== アヌレン ==
匿名利用者