「足羽山」の版間の差分

編集の要約なし
福井平野の中心にある独立した小山で、多数の[[古墳]]群がある。市内に残された緑地として市民の憩いの場となっており、散策を楽しむ人も多い。山上は'''足羽山公園'''として整備され桜の名所となっており、ミニ[[動物園]]、フィールドアスレチックなどもある。また、福井県内をエリアとする放送局の送信所も置かれている。
 
足羽山の西側部分にはかつて火葬場があったが、1999年に同市安田町に新火葬場(福井市聖苑)が完成したため解体された。また、旧火葬場の周辺は市営墓地となっている。墓地周辺には石切場があり、青みがかった火山礫[[凝灰岩]][[笏谷石]](しゃくだにいし)」が産出した。2005年8月、市営墓地の一部が深さ30m程も陥没、崩壊する事故があり、笏谷石の採石場の跡が地下に広く分布し、これがおりからの大雨によって陥没したものと見られている。
 
== 周辺施設 ==
匿名利用者