「住宅地図」の版間の差分

編集の要約なし
 
==主な用途==
*住所を調べる(警察が交通事故現場の住所を調べる時など公的な場所でも使用される)
*[[ハザードマップ]]
*[[住宅団地]]の案内看板
*地理情報システム(GIS)
 
==住居表示と地番==
通常の住宅地図は[[住居表示]]を採用している。そのため、建物では[[不動産登記]]上の[[地番]]とは異なる箇所が存在し、田畑等の地番も分からない。
 
地番が分かるように住宅地図に[[公図]]を追加したものが存在する。ゼンリンでは'''ブルーマップ(住居表示地番対照住宅地図)'''、刊広社では'''住宅明細図地籍版'''と呼ばれる。
 
==住宅地図メーカー==
匿名利用者