「菊酒」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 菊と長寿 ==
菊酒のルーツはおそらく、[[能]]の「[[菊慈童]](枕慈童)」三世紀ごろも紹介されは成立してい中国の伝説であろうと思われる。
 
[[魏]]の武将[[鐘会]]は自作の詩の中で菊の美点を列挙し「菊酒は神仙の飲み物」と謳い、また後世の民間伝承では、魏の初代皇帝[[曹丕]]は幼時は非常に虚弱で長生できないと思われていたが、菊酒を勧められて服用した後は強健となり長じて魏の皇帝となったという。
中国皇帝に寵愛されていた少年使用人がふとした弾みに皇帝の枕をまたいでしまい、慣例によって死刑になるところを皇帝の慈悲によって追放刑に減刑されて仙境に赴き菊の花が流れる小川の水(あるいは菊の露)を飲んで仙人になったという筋で、平安時代の貴族は重陽の節句に「[[菊の着綿]]」といって菊の花にかぶせた真綿で体をこすって健康を祈った。その際天皇が臣下に菊を浸した酒を下賜し、体をいたわった。
 
中国皇帝に寵愛されていた少年使用人がふとした弾みに皇帝の枕をまたいでしまい、慣例によって死刑になるところを皇帝の慈悲によって追放刑に減刑されて仙境に赴き菊の花が流れる小川の水(あるいは菊の露)を飲んで仙人になったという筋で、平安時代の貴族は重陽の節句に「[[菊の着綿]]」といって菊の花にかぶせた真綿で体をこすって健康を祈った。その際天皇が臣下に菊を浸した酒を下賜し、体をいたわった。
 
ちなみに菊に薬効があるとして、現代の中国でも菊の花を乾燥させて茶葉に混ぜるなどした「菊茶」が飲まれるが、日本の菊酒の場合は普通生花を使う。
482

回編集