「マイクロフィラメント」の版間の差分

m
微修正
(少々加筆)
m (微修正)
[[en:Microfilament]]
 
'''マイクロフィラメント'''、'''ミクロフィラメント'''とは、'''微細線維'''(びさいせんい)とも呼ばれ、[[細胞]]内にあって、細胞の形を維持したり、形を変化させたり、細胞内の物質移動を担っている[[細胞骨格]]を構成する線維のうちのひとつ。'''[[電子顕細線維'''とも呼ばれる。読みの違い鏡]]'''ミクロフィラメント'''と表記され観察することもある。'''アクチンフィラメント'''と呼ばれることもある、必ずしもアクチンのみからなる繊維構造はないので、この呼称の扱いには注意が必要となる。
 
その実体は、蛋白質である[[アクチン]]が線維状に重合してできる[[重合体|ポリマー]]で、線維状アクチン(Fアクチン)と呼ばれる[[高分子]]が主な構成成分である。マイこのことから、'''アチンフィラメントを構成す'''と呼ばれこともあるが、必ずしもアクチンのみからなる線維構造でないのでこの呼称の扱い含まれるαアクチンと注意必要とり、βアクチンである。
 
マイクロフィラメントを構成するアクチンは、筋に含まれるαアクチンとは型が異なり、βアクチンである。外径は6nm6 nm前後。二重らせん構造となっており、アクチン分子13.5個、35nmに一35 nmでちょうど1ねじれている。[[電子顕微鏡]]で観察することができる。
970

回編集