「前奏曲 (リスト)」の版間の差分

編集の要約なし
{{クラシック音楽}}
'''前奏曲'''(ぜんそうきょく、'''Les Preludespréludes'''('''レ・プレリュード'''))は[[フランツ・リスト]]により[[1854年]]に作曲された[[交響詩]]。13曲あるリストの交響詩の代表作である。「人生は死への[[前奏曲]]」という考え([[ラマルティーヌ]]の詩による)に基づき、リストの人生観が歌い上げられている。
 
== 作曲の経緯 ==
原曲は男声[[合唱曲]]「四大元素('''Les quarte éléments''')」([[オートラン]]の詩に基づく、1844-1845)の為の序曲として、その合唱曲に使われた主題を用いて[[1848年]]に作曲された楽曲である。後にこれを独立した交響詩として発表する際に、彼はラマルティーヌの詩『詩的瞑想録』を再構成した上で楽曲の標題として付加した([[野本由紀夫]]氏などの研究による)。初演はリスト自身の[[指揮]]により1854年に[[ワイマール]]で行われた。
 
=== 楽器編成 ===
[[木管楽器]]
* [[フルート]] 3
* [[オーボエ]] 2
* [[クラリネット]] 2
* [[ファゴット]] 2
[[金管楽器]]
* [[ホルン]] 4
* [[トランペット]] 2
* [[トロンボーン]] 3
* [[チューバ]] 1
[[打楽器]]
* [[ティンパニ]]
* [[小太鼓]]
* [[大太鼓]]
* [[シンバル]]
 
* [[ハープ]]
 
* [[弦五部]]
 
{{classic-stub}}