「カタログ」の版間の差分

編集の要約なし
 
==パンフレット、リーフレット、ブローシャー・ブローシュアとの使い分け==
[[小冊子|パンフレット]](''pamphlet'')は、[[宣伝]]や案内などに用いられる[[小冊子]]のことで、本来は[[印刷]]物の形態を指すため、「パンフレット(小冊子)にしたカタログ(目録)」あるいは「カタログのパンフレット」ということになる。また小冊子ではない[[リーフレット]](''leaflet'')でも目録であればカタログと呼ばれる。しかし、パンフレットが印刷物の一形態という解釈に留まらず、説明書や案内書の意味合いを持つようになったため、利用目的が似たカタログと同一視される場合が多い。
 
このうち特に図版の多いものや、より詳細な説明を施したものを「高級パンフレット=カタログ」と解釈することがあるが、宣伝[[広告]]の分野では既成のものとの差別化を図る意味合いから、[[小冊子|ブローシャー・ブローシュア]](''brochure'')という言葉を使うようになった。
匿名利用者