「カレリア (シベリウス)」の版間の差分

編集の要約なし
劇音楽『カレリア』は発表後の評判は悪く、シベリウスはこれを失敗作として廃棄した。しかし、このうち1曲を序曲として残し、8曲を選びそれを組曲とした。組曲はさらに3曲に絞ることにした。
 
このため『カレリア』は最終的に「序曲」[[作品番号|op.]]10と「組曲」op.11の2つの作品として1906年に[[ブライトコプフ・ウント・ヘルテル]]社から出版され、今に残ることになった。
 
==『カレリア』序曲op.10==
組曲と比較して演奏の機会は少ない。中間部に組曲の第1曲「間奏曲」の主題が現れる
 
==『カレリア』組曲op.11==
3曲から構成される。シベリウスの管弦楽曲のうち比較的よく演奏される作品で、第3曲「行進曲風に」は単独で演奏されることも多い。
#間奏曲
#バラード
#行進曲風に(アラ・マルチャ)
 
===編成===
*序曲 ― [[フルート]]2、[[オーボエピッコロ]]21、[[ラングレボエ]](ホルンで代用してもよいとされているが、実際に代用されることはほとんどない)2、[[クラリネット]]2、[[ファゴット]]2、[[ホルン]]4、[[トランペット]]3、[[トロンボーン]]3、[[テューバ]]、[[ティンパニ]]、[[大太鼓]]、[[トライアングル]]、[[タンブリン]]、[[シンバル]]、[[弦楽合奏|弦5部]]
*組曲 ― 序曲の編成に[[コーラングレ]](ホルンで代用してもよいとされているが、実際に代用されることはほとんどない)と[[シンバル]]が加わる。
 
===演奏時間===
*序曲 ― 約10分
*組曲 ― 第1曲:約3分、第2曲:約7分、第3曲:約4分、計:約14~15分
 
==関連項目==
匿名利用者