「カレリア (シベリウス)」の版間の差分

編集の要約なし
{{クラシック音楽}}
'''カレリア '''(Karelia, [[フィンランド語]]:Karjalia)は[[フィンランド]]の音楽作曲家[[ジャン・シベリウス]]の管弦楽曲した品。当初は[[付随音楽|劇音楽]]である。として作曲されたが、劇音楽としては失敗したため、作者によって廃棄され、1曲は[[序曲]]、8曲を[[組曲]]とし、組曲はさらに3曲に絞られ、現在にいたる。
 
==作曲の経緯==
*序曲 ― [[フルート]]2、[[ピッコロ]]1、[[オーボエ]]2、[[クラリネット]]2、[[ファゴット]]2、[[ホルン]]4、[[トランペット]]3、[[トロンボーン]]3、[[テューバ]]、[[ティンパニ]]、[[大太鼓]]、[[トライアングル]]、[[タンブリン]]、[[弦楽合奏|弦5部]]
*組曲 ― 序曲の編成に[[コーラングレ]](ホルンで代用してもよいとされているが、実際に代用されることはほとんどない)と[[シンバル]]が加わる。
 
※原曲の劇音楽版では[[バリトン]]独唱が入る。
 
==演奏時間==
匿名利用者