「礼拝堂」の版間の差分

手打ちにつきコメント除去。詳細は履歴を参照、すこしsty, cat, interlang http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Chapel&oldid=103751152
(コメント暗躍議論に基づく推敲)
(手打ちにつきコメント除去。詳細は履歴を参照、すこしsty, cat, interlang http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Chapel&oldid=103751152)
**構内に主祭壇を囲む主礼拝空間「聖堂」が別途存在する、副次的礼拝空間。
**信仰的理由により用語「聖堂」を用いない[[教派]]([[プロテスタント]])の礼拝空間。
*上記礼拝空間を確保することを主たる目的とする建築物。
 
*上記礼拝空間を確保することを主たる目的とする建築物<!--どこにかかるのか不明。上をナンバリングして指示したらどうでしょう。/て全部でんがな、ちゃいますか?/ んん。それなら「上記礼拝空間を……」ではどうでしょう。ただ「副次的礼拝空間」は物理的には聖堂内にあることが多いので、その表現だと微妙ではある。/了解。そのために「構内」という表現にしておいたんです。聖堂は聖堂を確保する建築でその中に礼拝堂の有無は問われず、聖堂の横に礼拝堂は建ち得ますよね?-->。
後者の代表例はプロテスタントの教会堂(建物としての教会)である。多くの教会建築では、前者の礼拝空間が教会堂の容積の大半を占めるため、教会堂をそのまま後者の意味で礼拝堂と呼んでもほぼ差し支えない。
 
聖堂内の副次的礼拝空間としての礼拝堂は、[[聖遺物]]信仰が盛んになった古代末期から中世初期にかけて都市部の大規模教会建築において発達した。[[ロマネスク様式]]の大聖堂では、祭壇後部や側廊に複数の礼拝堂を置いて回廊で繋ぎ、おのおのの礼拝堂に聖遺物を安置した。<!--図版がほしい。-->これには聖遺物崇敬の巡礼たちと、普段の礼拝に与る地元の信者共同体の動線を分離する機能があったと考えられている。現代に到るまでカトリックでは司祭がひとつの祭壇において共同でミサを行うことができず、それぞれが一人づつ祭壇でミサを執行することが必要であったため、大規模な教会や修道院においては、複数の祭壇を置く必要が生じ、ために複数の礼拝堂をもつ聖堂や修道院が多く建てられた。
 
カトリックや東方正教会では、礼拝堂は、教会の許可を得た上で、公共施設、集会場、個人宅などにもたてることができる。この意味での礼拝堂では、[[ミサ]]等を行う許可は別途教会より得なければならない。また礼拝堂付きの司祭や牧師が置かれることもとりわけ公共施設ではしばしばなされる。中世以降、個人宅礼拝堂は、貴族や市民たちの富を顕示する場となり、そのなかには美術史上著名な作例も多い。
 
礼拝堂のタイプとして主要なものを以下に挙げる。
*カトリックでは大聖堂に聖母に捧げられた礼拝堂が置かれることが普通である。
*カトリックの[[司教]]は自宅や滞在先に礼拝堂をもつことが許される。
*ロシア正教会では、市門の脇には礼拝堂を置くことが慣習となり、これを「門の礼拝堂」と呼ぶ。モスクワの赤の広場のものは秀作であり広く知られている。
*西方で元来は学僧の集団として始まった大学では、学寮ごとに礼拝堂をもつ慣習があった。著名なものにケンブリッジ大学キングズ・カレッジ礼拝堂がある。
*宗教改革後には、大使館に礼拝堂が敷設されることが常態と化した。元来はプロテスタント地域でカトリック地域の国の大使館ではじまった習慣である。
 
==プロテスタントの礼拝堂==
複雑な事例としては、複数の礼拝空間が一つの建物内に存在する場合がある。その場合はそれぞれ第一~、第二~、或いは大~、小~などと区別される。 また、敷地内に複数の建屋をもつ教会では、前者礼拝空間の確保が目的の建屋のみが礼拝堂と呼ばれる。複数の礼拝堂建屋が存在する事もあるが、純然たる礼拝堂の他に多目的建造物の一部が小さな礼拝空間になっている場合、その礼拝空間は小礼拝堂と目されるが、多目的建屋そのものを礼拝堂と呼ぶことはない。なお理解のために仏教用語と対照するとプロテスタントの「礼拝堂」は「本堂」にほぼ該当する概念である
 
:理解のために仏教用語と対照するとプロテスタントの「礼拝堂」は「本堂」にほぼ該当する概念である。
==著名な礼拝堂==
<!--提案:ここは世界遺産クラスのものに絞りませんか?-->
*[[システィーナ礼拝堂]]([[ローマ]]、[[ヴァティカン宮殿]]内)
*[[スクロヴェンニ礼拝堂]]
 
[[Category:キリスト教|れいはいとう]]
[[Category:建築|れいはいとう]]
 
[[en:Chapel]]
21,771

回編集