「万寿寺」の版間の差分

m
 
== 歴史 ==
万寿寺の起源は、平安時代後期、[[白河天皇|白河上皇]]が六条内裏に建てた六条御堂にさかのぼる。『京城万寿禅寺記』などによると、白河天皇の皇女である郁芳門院([[てい子内親王|媞子内親王]])が永長元年(1096年)に数え年21歳で亡くなり、それを悲しんだ天皇が皇女の菩提のために六条御堂を建てた。<ref>この六条御堂の所在地について「万寿寺通高倉」とする資料が多いが、『都林泉名勝図会』には「南は六条通、北は六条坊門(今の五条通)、西は東洞院通、東は高倉通」とあり、「万寿寺通高倉」よりはやや南方である。</ref>天皇が出家して上皇となったのも皇女の死がきっかけであったという。この御堂は、鎌倉時代には法然の弟子・[[湛空]](1176 - 1253)が住し、湛空から[[十地覚空]]に受け継がれた。この頃には天台系[[浄土教]]の寺であったと見られる。正嘉年間(1257 - 1259)、十地覚空とその弟子の[[東山湛照]]が東福寺の[[円爾弁円]]に帰依して[[臨済宗]]寺院となり、寺号も万寿禅寺と改めた。弘長元年(1261年)に開堂の儀が行われている。その後、文永10年(1273年)に火災に遭い、元徳2年(1330年)には[[後宇多天皇|後宇多院]]皇女の崇明門院から土地を賜って、六条の旧地のやや北方、高倉通の西、樋口小路(現代の[[万寿寺通]])の南の地点に移転した。付近には下京区万寿寺町、万寿寺中之町の町名が残る。
 
室町時代には[[京都五山]]の第5位に数えられたが、永享6年(1434年)の火災後、衰微した。天正年間(1573-1592)には五山第4位の東福寺の北側にあった三聖寺の隣地に移転した。これは三聖寺の開山が万寿寺と同じ十地覚空と東山湛照であった縁によるものという。
769

回編集