「イザベラ・オブ・ヴァロワ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''イザベラ・オブ・ヴァロワ'''(Isabella of Valois, [[1389年]][[11月9日]] - [[1409年]][[9月13日]])は[[イングランド]]王[[リチャード2世 (イングランド王)|リチャード2世]]の王妃。[[フランス王国|フランス]]王[[シャルル6世 (フランス王)|シャルル6世]]と王妃[[イザボー・ド・バヴィエール]]の娘。フランス王[[シャルル7世 (フランス王)|シャルル7世]]、イングランド王[[ヘンリー5世 (イングランド王)|ヘンリー5世]]の妃[[キャサリン・オブ・ヴァロワ]]、フランス王[[シャルル7世 (フランス王)|シャルル7世]]の姉。
 
1397年、7歳でリチャード2世の2番目の王妃となる。1399年、ヘンリー・ボリンブロク(のちの[[ヘンリー4世 (イングランド王)|ヘンリー4世]])がリチャードを[[ロンドン塔]]に幽閉されると、彼女は[[ロンドン]]北西のソニングに幽閉され、夫に会うことを禁じられ、翌年の夫の死も知らされなかった。
1401年にフランスへ帰国を許されるが、未亡人が故国へ戻る際に返還されるものである持参金は返還されなかった。
 
1406年、[[オルレアン公]]シャルル(フランス王[[ルイ12世 (フランス王)|ルイ12世]]の父)と再婚したが、1409年、出産のときに死亡した。
 
[[Category:イングランドの王妃|いさへら]]
15,397

回編集