「象形文字」の版間の差分

表語文字との整合
(表語文字表意文字の編集にあわせて修正)
(表語文字との整合)
'''象形文字'''(しょうけいもじ)とは、ものの形をかたどって描かれた[[文字]]からなる[[文字|文字体系]]で、[[絵文字]]からの発展によって生まれたと考えられている。絵文字と象形文字との最大の違いは、文字が単語に結びつくか否かにある。絵文字が文字と語の結びつきを欲せず、その絵によってなんらかの観念や文章を伝えようとしたものであるのに対し、象形文字は文が語に分析され、その語と文字とが一対の対応をなす[[表語文字]]の一種のことをいう。
 
だいたい象形文字、文字はもっぱらそのかたどったものの意味を担うが、一般に[[表語文字]]では、それぞれの文字が具体的な事物にとどまらず語や[[形態素]]を表すことが多い (詳細は[[表語文字]]の項を参照)。しかし、[[漢字]]における[[仮借]]、[[ヒエログリフ]]などでの表音的使用など必ずしも象形文字の特徴と一致するわけではないものもまとめて象形文字と考える呼ぶことがおおい。
 
このような意味での象形文字としては、[[漢字]]、[[ヒエログリフ]]、[[楔形文字]]、[[インダス文字]]、[[トンパ文字]]などがある。<!--[[マヤ文字]]もこの一種であって[[頭字体]]と[[幾何体]]がある。暦の文字には、1を表す点(・)と5を表す横棒(-)の代わりに頭字体や幾何体を用いることがある。
 
[[日本]]においては、[[漢字]]の他に、[[琉球王国]]時代の[[与那国島]]で使われていた帳簿記録用字である[[カイダー字]]などがある。
*[[蘇州碼]]
*[[表音文字]]
*[[表語文字]]
 
[[Category:文字|しようけいもし]]
[[Category:表語文字|しようけいもし]]
[[category:文字史|しょうけいもし]]
[[category:情報技術史|しょうけいもし]]
10,583

回編集